Zaif(ザイフ)が剛力彩芽さんを使って テレビ CM を放送しだしたっていうことはあれかな?ペペキャッシュとモナコインが暴騰するのかな

大手仮想通貨取引所のZaifが剛力彩芽さんを起用してCMの放送を開始しました

【追記】

2018年3月8日に金融庁からZaifに業務改善命令が出され、Zaifのホームページから剛力彩芽さんの画像が消されましたね。

 

YouTubeのCM動画も閲覧出来なくなってます。

 

まあ色々と問題もありましたもんねえ。

 

コインチェックの方はNEMの不正流出事件の補償で日本円で460億円を返金を開始するとのことです。

 

でもまあ一度失った信用をすぐに取り戻すのは難しいから多少時間はかかるでしょうけどね。

 

ぶっちゃけ日本の取引所でビットコインを取り引きするならビットフライヤーでしょうね。

 

安全度は世界一との評価もありますしね。

 

やっぱり大事な資産を取引するなら一番重要なのは、取引する資産が安全に取り引き出来るというところではないでしょうか。

 

itimaka.hatenablog.com

 【ここからが元々の本文。】

2018年2月16日からZaif(ザイフ)が5剛力彩芽さんを使ってテレビCMを放送しだしましたね。

 

仮想通貨取引所のCMはbitFlyerが成海璃子さんコインチェック(coincheck)が出川哲朗さんDMMコインがローラさんに続いてのザイフが剛力彩芽さんですね。

 

仮想通貨取引所のCMが4社目です。

 

仮想通貨の盛り上がりがそのまま反映されてますね。

 

ちなみにテレビCMは15秒バージョンなのですが、YouTubeでは1分2秒のロングバージョンも公開されています!

剛力彩芽さんファンは必見ですね。

さらにさらに!YouTubeではMaking ver.も公開されているんですね!

撮影の合間の剛力彩芽さんの顔を見れるので必見ですよ!

ZaifのテレビCM開始が仮想通貨取り引き市場にもたらす影響は?

このZaif(ザイフ)のテレビCM放送が仮想通貨取引市場にどういった影響をもたらすか考察しています。

 

先日2月13日にコインチェック(coincheck)の日本円出金が再開されました。

 

その400億円以上の日本円はそのままそっくりZaif(ザイフ)に移動するのではないかという予想さえ立っています。

 

もちろん実際には400億円以上の日本円すべてがZaif(ザイフ)に移動することはないとは思いますが、そのうちのいくらかは本当にZaif(ザイフ)に入金される可能性はあります。

 

コインチェック(coincheck)でネムを購入していた人は懲りている人もいるかもしれませんがネムには何の落ち度もなくコインチェック(coincheck)のセキュリティの問題であっただけなのでネムのことを信用して持っていた人は国内でネムが買えるもうひとつの取引所Zaif(ザイフ)に登録する可能性は十分にあり得ます。

 

そもそもネムを購入するにあたってコインチェック(coincheck)だと販売所での購入になりますがザイフだとユーザー間の取引ができるため男を手に入れるのはZaif(ザイフ)で取引所を使用した方が安く手に入れることができます。

 

またZaif(ザイフ)では根室積立購入もできるのでネムを取引するにあたってはコインチェック(coincheck)を利用するよりもZaif(ザイフ)で取引した方がはるかに利便性も高いです。

 

コインチェック(coincheck)の流出事件があり今回の剛力彩芽さんのCM起用での登録者数が増えるとZaif(ザイフ)でしか扱いのない仮想通貨やトークンの時価総額が上がる可能性があります。

 

Zaifでしか取り扱いのない仮想通貨やトークンが暴騰している

f:id:itimaka:20180307123610j:plain

Zaif(ザイフ)でしか扱いのない仮想通貨とトークンの代表的なものにペペキャッシュとモナコイン、そしてZaifが発行しているトークンのZaifトークンがあります。

 

ペペキャッシュもモナコインもオタク文化が生み出したネタコインとして登場しておりますがどちらもコアなファンユーザーがついており冒頭する可能性がある仮想通貨だと思います。

 

モナコインは2チャンネルのキャラクターからできた日本発祥の仮想通貨です。

 

ペペキャッシュはアメリカ1チャンネルと言われている4チャンネルで生まれたキャラクターをモチーフにした仮想通貨ですペペキャッシュは熱心なユーザーがついておりツイッターなどでもペペフォルダーが目立っています。

 

私の観測範囲ではモナコインホルダーよりもぺぺキャッシュホルダーの方が多いです

あとライフのCMを開始と同時に上がっているトークンがあります。

 

それはザイフトークンです。

 

ザイフトークンはZaif(ザイフ)が発行するオリジナルトークンなのでZaif(ザイフ)の評価がZaif(ザイフ)の取引所自体の評価が上がるとZaif(ザイフ)トークンを上がる傾向にあります。

 

今回の剛力彩芽さんを起用したCMでライフの利用者数が増えることを試してザイフトークンを購入した人が多かったのかもしれません。

 

あとZaif(ザイフ)って個人認証してからハガキが届くまでにすごい時間がかかる、1ヶ月とかかかるという風に言われがちなんですけど最近私の友人がZaif(ザイフ)に登録してハガキが来るまでに一週間ほどだったという話がありました。

 

CMも開始したことですしユーザー数が増えるのは目に見えているのでそういった処理をする人員を相当増やしている可能性が高いです。

 

コインチェック(coincheck)がCM開始後に仮想通貨流出事件を起こしたこのタイミングで剛力彩芽さんを起用したCMをするということは逆に相当セキュリティがしっかりしている自信がないとできないことだと思います。

 

仮想通貨取引所大手のZaif(ザイフ)とDMMコインに金融庁からの立入検査がありましたが何の問題もなかったのではないでしょうか。

 

Zaif(ザイフ)のユーザー数は今後増えていくでしょうしZaif(ザイフ)でしか扱っていない仮想通貨やトークンの値動きの方も注目していきたいところではあります。

 

モナコイン(MONA)もペペキャッシュ(PEPE)もZaifトークン(Zaif)も暴騰してる動きが早速出てますね

モナコイン暴騰の動き

モナコインホルダーの方々は盛り上がってますね。

 

モナコイン(MONA)ってオタク文化も入ってるから人気は根強そう。

 

日本初の仮想通貨で2020年には東京オリンピックがあるので、モナコイン(MONA)が使える店舗も増えていって時価総額も上がっていくんじゃないかという見方もあります。

 

今回のZaif(ザイフ)の剛力彩芽をCMに起用したタイミングでモナコイン(MONA)は700円台に上がってます。

 

これが仮に現在のリップルと同じくらいの取引量にまで上がると7万円台なので100倍ですね。

 

今の段階で10万円分のモナコイン(MONA)を持ってるとして2020年に100倍になったら1千万円ですね。

 

まあ上がるかどうかはわかりませんが仮想通貨の億り人ってこうやって出来ているんです。

 

現在のモナコイン(MONA)を100万円分持ってて2020年に時価総額が100倍になってたら1億円ですからね。

 

まあもちろん100万円が0円になる可能性もあるので投資は自己責任ですからね

絶対に余剰資金でやることが大事です。

 

100万円のモナコイン(MONA)が0円になってもまあ仕方ないかでおわらせられるくらい経済的に余裕が無いとモナコイン100万円なんて2年間も持って100倍になるチャンスを狙うべきではないと思います。

 

ペペキャッシュ(PEPE)はもっと熱いかもです

ペペキャッシュ(PEPE)も剛力彩芽のCM効果か爆上げしているのですがそれでもまだ8円台なんですよね。

 

ということは現在のモナコイン(MONA)と同じくらいの取引量になれば8円台から800円台なので100倍ですね。

 

モナコインは日本の匿名掲示板2chから、ペペキャッシュ(PEPE)はアメリカの匿名掲示板4chから生まれた仮想通貨ですので同じような背景にあるコインです。

 

十分に今のモナコインと同じくらいの取り引きがあっても不思議では無いです。

 

ペペキャッシュ(PEPE)を100万円持ってて今のモナコインと同じくらいの価値である800円台になれば1億円ですね。

 

億り人になれる可能性がありますね。

 

ここで勝負して100万円分のペペキャッシュを(PEPE)を1ペペキャッシュ(PEPE)が800円台にまで持ってた方が億り人になれるんですね。

 

100万円が無くなる可能性も十分にありますけどね。

 

まあ普通に考えたら月給の低いサラリーマンの私がPEPEを100万円も買えないので1万円買って100倍になったら100万円とかを狙う方が妥当ですかね。

 

モナコインとペペキャッシュが両方買える取引所はZaifです。

Zaifは他の取引所では扱ってない通貨を扱ってるので登録しておくことをおすすめします。

Zaifに登録する