QUOINEX(コインエクスチェンジ)の特徴、メリットデメリット、登録方法の詳細。

f:id:itimaka:20180508133101p:plain

 

QUOINEX(コインエクスチェンジ)ってどんな取引所なんだろう?

他にも取引所は沢山あるけど登録するメリットってあるのかなあ?

結論から言いますとQUOINEX(コインエクスチェンジ)は登録しておいて損は無い取引所です!

 

 

 

QUOINEX(コインエクスチェンジ)の最大の特徴を一言で表しますと

 

安心、安定でグローバルな取引所!

 

です。

 

 

 

いったいどの辺が安心、安全でグローバルな取引所なの?

 

その辺の疑問も含めてわかり易く記事にしてますので QUOINEX(コインエクスチェンジ)のことを詳しく知りたい!という方は是非御一読下さい。

 

会社概要

QUOINEX(コインエクスチェンジ)の会社概要
会社名 QUOINEX株式会社
住所 〒102-0093 東京都千代田区平河町2-7-3 MPO平川町2F
設立 2014年11月(2016年3月に日本に本社機能を移転)
資本金 20億円(資本準備金含む)/td>
代表取締役社長 栢森加里矢(Mike Kayamori)

 

 

QUOINEX(コインエクスチェンジ)の特徴。

会社の規模がでかい。

QUOINEX(コインエクスチェンジ)の資本金は20億円以上です。

 

これは金融庁に登録済みの取引所の中でも多い方で、BITPOINT(ビットポイント)とCoincheck(コインチェック)に次ぐ3番目の多さです。

 

資本金が多いからといって取引所の規模に直結するわけでは無いですが、やはり運転資金は多いに越したことはありません。

QUOINEX(コインエクスチェンジ)はグローバルな取引所。

どの辺がグローバルなのかと言いますと、まずはじめに会社を設立したのがシンガポールなのです。

 

現在の日本の金融庁に認可されている仮想通貨取引所は日本で設立されて、ユーザーも日本に居住地がある方を対象に展開されているところがほとんどです。

 

最近ようやくbitFlyer(ビットフライヤー)が、海外にも拠点をつくり世界を股にかけて取引をしようと活動してますが、その点ではQUOINEX(コインエクスチェンジ)が一歩先を行っています。

 

というか元々海外を拠点にしていたのですが、2016年から日本に本社機能を移した形です。

 

なのでbitFlyer(ビットフライヤー)が試行錯誤して海外進出をしているのを脇目にQUOINEX(コインエクスチェンジ)は当然のように海外でも取引を行っています。

 

これは非常に大きなことで日本だけでやってるのと世界を股にかけてやっているのでは規模が全然違いますからね。

元々運営がグローバルに活躍していた人が多い!

f:id:itimaka:20180508125643p:plain

 

代表取締役の栢森加里矢さんは、QUOINEX(コインエクスチェンジ)

を2014年に共同設立しますが、それ以前はソフトバンクグループのマネジメントを行っていたり、パズル&ドラゴンズの制作会社であるガンホーのアジアCIOを務めるなどの経歴があります。

 

栢森加里矢さんと共同設立者のマリオさんは共に前職でシンガポールでも仕事をされていたようなのでそこで出会ってる可能性が高いですね。

 

取り扱い通貨ではリップル(XRP)を取引所形式で扱いがある国内では数少ない取引所です。

さらにQUOINEX(コインエクスチェンジ)が独自で発行しているQASHトークンの取り扱いがあるのはもちろんQUOINEX(コインエクスチェンジ)だけです。

 

あと日本円以外の法定通貨の取り扱いもあるのも大きな特徴です。

 

取り扱い通貨。

取り扱い仮想通貨とトークンの種類
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • キャッシュ(QASH)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • リップル(XRP)

以上の通貨を取引所形式で扱いがあります。

 

リップル(XRP)が取引所で扱いがあるのは数少ないので貴重です。

 

f:id:itimaka:20180509094034p:plain

あと他の取引所では見かけないキャッシュ(QASH)というのがありますが、これはQUOINEX(コインエクスチェンジ)が独自で発行しているトークンです。

LIQUIDというプラットホームにワールドブックというメイン機能があります。

 

これは仮想通貨が抱える流動性が悪い問題を取引所を繋げることにより解決する為の機能です。

 

ワールドブックには大きな期待が掛かっており、その期待に比例してキャッシュ(QASH)が上場した際には購入希望者が殺到しました。

QASH(キャッシュ)はそのプラットホームで使われるトークンです。

 

金融庁が認可している仮想通貨取引所ではじめて扱われるICOということでも話題になりました。

 

取り扱い法定通貨の種類
  • JPY(日本円)
  • USD(米ドル)
  • EUR(ユーロ)
  • AUD(豪ドル)
  • HKD(香港ドル)
  • SGD(シンガポールドル)
  • CNY(人民元)
  • PHP(フィリピンペソ)
  • IDR(インドネシアルピア)

 

先ほども触れましたが日本円以外の法定通貨も取り引き出来るのもQUOINEX(コインエクスチェンジ)の大きな特徴に1つです。

 

元々海外に本社機能があったのでその辺からもうグローバルですね!

 

そしてさらに凄いのが、法定通貨同士のトレードも出来ちゃうんです!

 

これはもうFXですね。

 

投資初心者からしたら仮想通貨で投資デビューして、そのままFXにも馴染んでいけるという最高の土壌となってます!

 

QUOINEX(コインエクスチェンジ)は3大取引所の1つです。

一般的に仮想通貨3大取引所というと、bitFlyer(ビットフライヤー)、Zaif(ザイフ)、Coincheck(コインチェック)と言われてますが、実質はQUOINEX(コインエクスチェンジ)が入ってきます。

 

次のグラフは国内取引所の(JPY-BTC)の2011年8月~2018年4月までの総月間出来高(BTC)です。

出来高とは売買が成立した量なので多いとよく取引されているということです。

f:id:itimaka:20180508110959p:plain

 

これは日本円(JPY)とビットコイン(BTC)なのでほぼ日本国内の取り引き量と見ていいと思います。

 

さすが3大取引所と言われ、テレビCM等もバンバン放送して知名度の高いbitFlyer(ビットフライヤー)、Zaif(ザイフ)、Coincheck(コインチェック)は取引量が多いです。

 

でもよく見てみて下さい!

QUOINEX(コインエクスチェンジ)はZaif(ザイフ)よりも取引量が多い第3位なんです!

 

テレビCMしてないのに!

 

しかもご存知の通りCoincheck(コインチェック)はあれがあれしちゃったんで2018年2

月以降は取引量が急激に下がり、直近の取引量でもQUOINEX(コインエクスチェンジ)は3位につけています。

 

これはどういうことかと言いますと、テレビCM等で知っている取引所を使う初心者の方はbitFlyer(ビットフライヤー)、Zaif(ザイフ)、Coincheck(コインチェック)に登録して取引を行い、もっと詳しいガチ勢の方たちはかなり多くの方がQUOINEX(コインエクスチェンジ)を使っているということです!

 

なのでどこかの取引所が万が一凍結等して取引が出来ないというような取引所リスクを回避する為に最低3つの取引所に登録をするとしたらbitFlyer(ビットフライヤー)、Zaif(ザイフ)、QUOINEX(コインエクスチェンジ)が妥当なのです!

 

ですが、私的にはZaif(ザイフ)はビットコイン(BTC)暴落時にサーバーがダウンしたり、ビットコイン(BTC)を1円で販売するというエラーを起こしたりで少し不安定なのでおすすめ3社となるとbitFlyer(ビットフライヤー)、QUOINEX(コインエクスチェンジ)、bitbank(ビットバンク)です。

 

bitbank(ビットバンク)もQUOINEX(コインエクスチェンジ)と同じように知名度はあまり無いですが、アルトコインを取り引きするならどこの取引所よりも手数料が安い0円キャンペーンを実施中ですので絶対に登録しておくべき取引所です。

 

bitbank(ビットバンク)の詳しい情報はこちらの記事に書いてあります。

 

itimaka.hatenablog.com

 

私がおすすめする取引所3社はそれぞれの公式ページから登録出来ます。

bitFlyer公式ページ

bitFlyer公式ページ

QUOINEX(コインエクスチェンジ)のメリット。

手数料が安い。

f:id:itimaka:20180508185952p:plain

 

入金手数料は法定通貨も仮想通貨も無料になっています。

 

またスプレッドも国内最大級に狭いので利益も出やすいです。

※スプレッドとは買価と売価の差。

安心・安全な取引システム

f:id:itimaka:20180508184417p:plain

特にコールドウォレットとマルチシグ対応は強く推しており、徹底した分別管理で仮想通貨を守ることを宣言しています。

 

他の取引所に比べて流動性もあるので、仮想通貨を買いたいときに買えない、売りたいときに売れないといったことにはなりにくいです。

 

レバレッジ最大25倍。

f:id:itimaka:20180508184428p:plain

投資経験者には嬉しいレバレッジ最大25倍です。

 

レバレッジ25倍は国内取引所では最大のレバレッジです。

※日本の取引所では法律でレバレッジは最大25倍までと決められています。

 

メールだけでなく、LINEで問い合わせが出来る。

メールって普段あんまり使わないですよね。

私はメールが来てても気づかずにいることが多いです。

LINEはよく使いますし、使い慣れてるので問い合わせをするときの心理的ハードルが低いと感じる方も多いはず。

QUOINEX(コインエクスチェンジ)のデメリット。

 本人確認が遅い。

実は今この記事を書いているときに私自身登録をしてからすでに2週刊程経っているのですが、いまだに本人確認書類の確認中になっていますw

 

これは登録が殺到して処理に時間がかかっているとのことですのでそれだけ人気ということですが、はじめて仮想通貨投資をやろうと思ってQUOINEのX(コインエクスチェンジ)に申し込みをしても、実際に取引出来るようになるまでには1か月程かかる可能性があります。

 

仮想通貨の世界は価格の上下が激しいのでこれではせっかくのチャンスを逃してしまう可能性があります。

 

※登録が殺到していなくて通常なら本人確認は早いそうです。

 

はじめて登録する取引所がQUOINEX(コインエクスチェンジ)の場合、同時に他の取引所も一緒に登録することをおすすめします。

 

bitFlyer(ビットフライヤー)とbitbank(ビットバンク)がおすすめです。

 

アプリが使いずらい。

私がデメリットとして挙げている本人確認の遅さとアプリの使いずらさの両方に触れてますねw

偽アプリがあるみたいなのでお気をつけ下さい!

 

 

 

 

QUOINEX(コインエクスチェンジ)の登録方法。

QUOINEX(コインエクスチェンジ)の登録方法を解説していきます。

トップページにアクセスします。

まずはトップ画面の口座無料開設はこちらをクリック。

f:id:itimaka:20180422111603p:plain

 

新規登録の画面に移動しますので順番に登録していきます。

居住地を選択して次へをクリックする。

f:id:itimaka:20180423000904p:plain

 

口座種別を選択、メールアドレスを登録、パスワードを登録。

私は日本以外に居住地国が無いことを確約します。また、居住地国に変更があった場合、遅延なく通知することを確約します。

にチェックを入れます。

f:id:itimaka:20180423100025p:plain

 

私は、米国納税義務が無いことを確約しますにチェックを入れます。

続いて個人情報の入力をします。

名前、生年月日を入力して、性別にチェックを入れます。

f:id:itimaka:20180422104318p:plain

 

国籍を選択します。

私は、外国の重要な公人、もしくはその親族でもありません。に問題無ければチェックを入れます。

外国の重要な公人、もしくはその親族とはどういう人かは、外国PEPsについてをクリックすると確認出来ます。

続いて、住所、電話番号を入力します。

職業を選択します。

f:id:itimaka:20180422104319p:plain

 

収入源、年収、投資可能資産を選択します。

f:id:itimaka:20180422104323p:plain

 

投資目的、投資目的にチェックを入れます。

次へをクリックします。

f:id:itimaka:20180423002121p:plain

 

利用規約などを確認して、同意しますにチェックを入れます。

登録情報に間違いが無いか確認して、確認し、同意しますにチェックを入れます。

次へをクリックします。

f:id:itimaka:20180423002140p:plain

 

これで仮登録が出来ました。

登録したメールアドレスにメールが届いてますので確認します。

f:id:itimaka:20180423103259p:plain

 

メールに記載されているConfirm my accountをクリックします。

これで本登録が完了になります。

f:id:itimaka:20180422104330p:plain

 

メールアドレスをパスワードを入力してログインします。

f:id:itimaka:20180422104333p:plain

 

ログインすると上部右側に!メールアドレスが表示されていますのでそこをクリックします。

f:id:itimaka:20180422104335p:plain

 

ステータス:書類未提出になっていますのでクリックします。

f:id:itimaka:20180423235610p:plain

 

本人確認書類を選択して、写真をアップロードします。

全ての必要書類を提出済みですにチェックを入れます。

f:id:itimaka:20180422104339p:plain

 

口座開設状況が書類審査中になります。

f:id:itimaka:20180422104341p:plain

 

ステータスも書類審査中になります。

f:id:itimaka:20180422104343p:plain

 

次は2段階認証を設定しますので2段階認証:未設定をクリックします。

f:id:itimaka:20180423235747p:plain

 

2段階認証を有効にするをクリックします。

f:id:itimaka:20180422104346p:plain

 

2段階認証アプリをスマートフォンにインストールして画面のQRコードをスキャンして設定します。

2段階認証アプリのおすすめはGoogle Authenticatorです。

f:id:itimaka:20180423110208p:plain

 

スマートフォンにGoogle Authenticatorのアプリをインストールしたらアイコンをタップして起動します。

f:id:itimaka:20180423110413p:plain

 

右下の赤い+のマークをタップします。

f:id:itimaka:20180423110423p:plain

 

QRコードを読み取るためのカメラが起動します。

f:id:itimaka:20180423110443p:plain

 

起動したカメラで先ほどのQRコードを読み取ります。

f:id:itimaka:20180423110208p:plain

 

QRコードを読み取るとQUOINEX(コインエクスチェンジ)用の6桁の認証コードが表示されます。

f:id:itimaka:20180423110424p:plain

 

QUOINEX(コインエクスチェンジ)の画面に6桁の認証コードを入力して、2段階認証を有効にするをクリックします。

f:id:itimaka:20180422104348p:plain

 

2段階認証が認証済みになっていることを確認します。

f:id:itimaka:20180422104349p:plain

 

トップ画面のメールアドレスをクリックした画面でもステータスが書類審査中になってるのを確認します。

審査が完了するまでしばらく待ちます。(数日かかります。)

f:id:itimaka:20180423235948p:plain

f:id:itimaka:20180424000653p:plain

 

審査が完了して本人確認用のハガキが届いたらまた続き書きますね!