bitFlyer(ビットフライヤー)登録まだしてないの?!特徴とかメリットかいとくからはよ登録しなはれ!

f:id:itimaka:20180513055016p:plain

 

bitFlyer(ビットフライヤー)は日本一利用者が多くて日本一有名な取引所です。

 

そして世界一安全だと言われている取引所でもあります。

 

当然金融庁への登録申請も申請許可済みです。

 

成海璃子という女優を使ってCMも放送してます。

 

安心感という点からも初心者の方には特におすすめなのがbitFlyer(ビットフライヤー)です。

 

bitFlyer(ビットフライヤー)に登録するには公式ページにアクセスして登録して下さい。

 

 

bitFlyer(ビットフライヤー)の詳しい登録方法はこちらの記事も参考にして下さい。

 

 

bitFlyer(ビットフライヤー)を利用するメリット

 

bitFlyer(ビットフライヤー)を利用するメリットを網羅すると以下のようになります。

 

メリット
  • 国内最大の取引量、ユーザー数、資本金
  • テレビCMもいち早く展開しており知名度もダントツNo,1
  • アプリが使いやすくスマートフォンやタブレットからでも操作がしやすい
  • 補償制度がある
  • bitFlyer(ビットフライヤー)アプリで支払いが可能な店舗は既に1万店以上
  • bitcoin(ビットコイン)がタダでもらえる
  • セキュリティレベルは世界一との評価
  • 堅実な運営

 

はっきり言って他の取引所と比べると実力、知名度、安定感のどれをとってもトップレベルなので特に初心者の方はとりあえず登録しておいて間違いない取引所と言えます。

 

国内最大の取引量、ユーザー数、国内最大級の資本金の仮想通貨取引所

まずbitFlyer(ビットフライヤー)のおすすめのポイントをあげますと一つ目に上がってくるのが国内最大の取引量、ユーザー数、資本金の仮想通貨取引所です。

 

bitcoin(ビットコイン)取引量

下のグラフは日本円とbitcoin(ビットコイン)の取引量のグラフです。

 

黄色い部分がbitFlyer(ビットフライヤー)です。

 

圧倒的に取引量が多いのがわかりますね。

f:id:itimaka:20180512100521p:plain

 

ユーザー数

各取引所の正確なユーザー数は発表されていませんが、bitFlyer(ビットフライヤー)は2018年3月でユーザー数が200万人を突破したと発表しています。

 

CMもいち早く流して知名度は抜群です。

 

仮想通貨取引所としていち早くテレビCMを打ったりと仮想通貨自体の知名度アップにも貢献しておりbitFlyer(ビットフライヤー)自体の知名度もナンバーワンかと思います。

 

一時期ユーザー数が多そうだったCoincheck(コインチェック)も今は利用者が激減しているはずです。

 

itimaka.hatenablog.com

 

その次に利用者が多いと言われているZaif(ザイフ)は登録者数は50万人程だと言われています。

 

多少の誤差があったとしても、bitFlyer(ビットフライヤー)のユーザー数No,1は間違い無いでしょう。

 

国内最大級の資本金

国内最大級と書いたのは、bitFlyer(ビットフライヤー)の資本金は41億238万円でビットポイントジャパンの44億3000万円に次いで2位となっています。

 

ちなみに3位はマネーパートナーズの31億円です。

 

パソコンでもスマートフォンやタブレットからでも操作がしやすい。

実際に私もbitFlyer(ビットフライヤー)を利用して仮想通貨を取引していますがパソコンで操作する上でも非常に使いやすいです。

f:id:itimaka:20180513061432p:plain

 

またスマートフォンのアプリも使いやすいものが用意されておりますのでパソコンからでもスマートフォンからでも非常にユーザーにとって使いやすい仮想通貨取引所と言えます。

f:id:itimaka:20180513062058p:plain

 

仮想通貨の取引所で補償制度があるのはbitFlyer(ビットフライヤー)だけです

また大手取引所の中でも保証制度があるのはbitFlyer(ビットフライヤー)のみで不正な日本円出金が発生した時点でのみですが保証が用意されております。

 

まだ日本円のみの対応なので不十分な点はありますが保証制度にいち早く取り込んでくれている点は評価できるかと思います。

 

ビックカメラやヤマダ電機でbitFlyer(ビットフライヤー)のアプリを使ってビットコインでの支払いが可能です。

また色々な企業と協力してビットコインが普及するような活動をしているのもbitFlyer(ビットフライヤー)が一番です。

 

例えばビックカメラではビットコインでの支払いが可能になっておりますがbitFlyer(ビットフライヤー)がビックカメラとのコラボレーション企業となっております。

 

ヤマダ電機でもビットコインの支払いで使うアプリはbitFlyer(ビットフライヤー)のアプリになります。

 

他にもビッチフライヤー経由でビットコインが使える店舗は既に1万店以上あります。

 

bitFlyer(ビットフライヤー)ならビットコインがタダでもらえます。

f:id:itimaka:20180513065742j:plain

 

他にもbitFlyer(ビットフライヤー)のホームページからビットコインをもらうというボタンを経由して楽天市場へ行き楽天市場で買い物をするとビットコインがもらえるというキャンペーンもやっていたりします。

 

楽天市場市場以外でも100以上のショップでビットコインが無料でもらえるキャンペーンなどを実施しておりますのでビットコインで投資を行いたい方は是非bitFlyer(ビットフライヤー)の登録はしておいた方がいいです。

 

bitFlyer(ビットフライヤー)はセキュリティーレベルが高くて安心して仮想通貨の取り引きが出来ると評判です。

f:id:itimaka:20180513065658j:plain

凄いですね。

アメリカや香港の仮想通貨取引所をおさえて見事トップの評価です。

 

日本でもたくさんある仮想通貨取引所でもトップ5に選ばれているのはbitFlyer(ビットフライヤー)だけなのでビットフライヤーのセキュリティーレベルは世界最高峰なのがわかりますね。

 

bitFlyer(ビットフライヤー)は運営が堅実との評判が多いです。

bitFlyer(ビットフライヤー)は国内で最大級の仮想通貨取引所ですが、取り扱いのある仮想通貨は8種類と際立って多い訳ではありません。

 

取り扱いのある仮想通貨を厳選しているから堅実ということでもないかもしれませんが、同じく大手仮想通貨取引所のコインチェックが13種類と多くの仮想通貨を取り扱っていてNEM流出事件があったので、bitFlyer(ビットフライヤー)は取り扱い通貨をしっかりと厳選していて堅実な運営をしているという見方が強まっている感じです。

 

実際、平成29年4月に施行された改正資金決済法により仮想通貨取り扱い業者は金融庁に登録することを義務付けられていますが、その登録の認可もいち早くしておりそのあたりも堅実な運営というのが見て取れます。

 

bitFlyer(ビットフライヤー)での取り扱い仮想通貨一覧
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • モナコイン(MONA)
  • リスク(LSK)

アフィリエイトで紹介するのもbitFlyer(ビットフライヤー)が断然おすすめです。

仮想通貨関連でトレード以外にお金を稼ぐ方法があります。

 

仮想通貨アフィリエイトです。

 

仮想通貨アフィリエイトとは仮想通貨取引所を誰かに紹介料を貰えるシステムのことです。

 

後でも書きますが例えばbitFlyer(ビットフライヤー)を1名の人に紹介したら最低3,000円貰えます。

 

条件はありますがそれを満たせば1名の紹介だけで23,000円貰えるんです。

 

報酬が高い理由は取引所と直接取り引きが出来るからです。

 

通常アフィリエイトというのは、ASP(アフィリエイトサービスプロバイダー)を通してやるのですが、bitFlyer(ビットフライヤー)とは直接やり取りが出来るんです。

 

なのでASP(アフィリエイトサービスプロバイダー)にもっていかれる取り分が無いのではじめから報酬が高額になる訳です。

 

直接アフィリエイトが出来る取引所を紹介します。

 

仮想通貨の取り引きをするならここの取引所が良いよ!って心から言えるから友達に紹介したり、ブログなんかでおすすめの紹介所を紹介するなら断然bitFlyer(ビットフライヤー)がおすすめですね。

 

前述した通り世界的に見てもセキュリティレベルが高いのでやはり自分の資産を取り引きする上で安心というのもあります。

 

あとは勿論アフィリエイトするなら報酬額が多い方が良いですよね。

 

あとは成約しやすい方が良いですよね。

 

仮想通貨アフィリエイトで稼ぐならおすすめの3社は、bitFlyer(ビットフライヤー)、Coincheck(コインチェック)、Zaif(ザイフ)です。

 

Zaif(ザイフ)は2018年3月からアフィリエイトの報酬条件が変わって正直厳しくなりましたがそれでも仮想通貨取引所の中では知名度も高いので登録する人が多いのが現状です。

 

bitFlyer(ビットフライヤー)のアフィリエイトの報酬条件
本人確認完了 3,000円
50,001円以上の入金 10,000円
1,000,000円以上のコインの売買 10,000円
全て達成で合計 23,000円

bitFlyer(ビットフライヤー)のアフィリエイトの報酬条件で頻繁に発生するのって本人確認完了と50,001円以上の入金までだと思います。

 

1,000,000円以上のコインの売買というのはそんなに頻繁には無いんじゃないかなと思うんですよね。

 

登録してくれた方が本人確認までの条件の達成だったら3,000円

50,001円以上の入金までしてくれれば合計で13,000円です。

 

1,000,000円以上のコインの売買までいって合計2,3000円っていうのはそんなにはないんじゃないかと。

 

一方Zaifを見てみましょう。

 

Zaif(ザイフ)のアフィリエイトの報酬条件
本人確認完了 1,500円
郵送による本人確認から1か月以内に100万円相当の取り引き 10,000円
3回目の引き落としがあった場合のこれまでの積み立て額の総額
  • 3万円~15万円未満→報酬額6,000円
  • 15万円~30万円未満→報酬額10,000円
  • 30万円以上→報酬額30,000円

まず最も発生しやすい条件の本人登録の報酬額がbitFlyer(ビットフライヤー)の3,000円に対して1,500円と半分になってます。

 

郵送による本人確認から1か月以内に100万円相当の取り引きはなかなか発生し無さそうですよね、本人確認から1か月以内に100万円以上の取り引きをする人の割合はそんなに多くないんじゃ無いかと。

 

3回目の引き落としがあった場合の積み立て額って良くて3万円~15万円未満じゃあないですかね、15万円以上ってことは1回の引き落としが5万円以上ってことなのでなかなか積み立てでそこまでの人って多くないはずです。

 

Zaifの場合のアフィリエイト報酬は本人確認の1500円と3万円~15万円未満の積み立て報酬額の6,000円がいいとこかと思いますので1,500円だけか7,500円かですかね。

 

bitFlyer(ビットフライヤー)は3,000円か13,000円ですのでおよそ2倍ですね。

 

しかも3回の積み立て合計額が3万円以上よりも50,001円以上の入金の方が発生すると思うのでますますを推した方が良いですね。

 

アフィリエイトするならbitFlyer(ビットフライヤー)推しで決まりです。

 

bitFlyer(ビットフライヤー)を利用するデメリット

ビットコイン以外の仮想通貨(アルトコイン)の販売手数料が高くなりがち

bitFlyerではビットコイン以外のアルトコインの購入手数料が高くなりがちです。

 

というのもbitFlyer(ビットフライヤー)ではビットコインの取引所と販売所がありますがビットコイン以外のアルトコインに関しましては取引所はなく販売所しかありません。

 

販売所というのはbitFlyer(ビットフライヤー)等の仮想通貨取引所から直接仮想通貨を買うということです。

 

取引所というのは仮想通貨を買いたい人と売りたい人をマッチングさせて取引を成立させることです。

 

販売所で仮想通貨を買うと取引所でユーザー同士の取引よりもどうしても金額が高くなってしまう傾向があります。

 

アルトコインを安く買うならbitbank(ビットバンク)とZaif(ザイフ)がおすすめ!

 

どのアルトコインをどっちで買った方が安いかをまとめますと。

 

bitbank(ビットバンク)で買った方が安いアルトコイン。
  • リップル(XRP)
  • イーサリアム(ETH)
  • ライトコイン(LTC)

ビットバンクに登録

Zaif(ザイフ)で買った方が安いアルトコイン
  • NEM(XEM)
  • モナコイン(MONA)

Zaifに登録

 

取り扱いのある通貨が他の大手取引所と比べると少ない

他にbitFlyer(ビットフライヤー)のデメリットをあげると取り扱い通貨がZaif(ザイフ)やコインチェックと比べると少ない点です。

 

もちろんビットコインとイーサリアムはありますが他にも人気のリップルやNEM(XEM)などを購入しようと思ってもbitFlyer(ビットフライヤー)では取り扱いがありません。

 

その場合Zaif(ザイフ)での取引がおすすめです。

 

仮想通貨の積み立ては出来るが積み立てはZaif(ザイフ)がおすすめ

また仮想通貨の積み立てができるのがbitFlyer(ビットフライヤー)と財布なのですがbitFlyer(ビットフライヤー)の積立は最低1日1000円からになっておりますので月で言うと最低3万円からと言ったつもりだっております。

 

一方Zaif(ザイフ)は月1000円から仮想通貨の積み立てが可能ですので初心者が積立を行うならばZaif(ザイフ)の方がハードルが低くておすすめです。

 

bitFlyer(ビットフライヤー)はどんな会社が運営してるの?

仮想通貨取引は自分の大切な資産の取り引きなので、取引所がどんな会社が運営しているか気になると思います。

 

bitFlyer(ビットフライヤー)がどんな会社が運営しているのかを見ていきたいと思います。

 

bitFlyer(ビットフライヤー)株式会社概要

bitFlyer(ビットフライヤー)の会社概要
会社名 bitFlyer株式会社
住所 〒107-6208 東京都港区赤坂9-7-1 ミッドタウンタワー8F
設立 2014年1月9日
社員数 71名(2017年7月末時点)
資本金 41億238万円(資本準備金含む)
代表取締役 加納裕三
取締役CTO 小宮山峰史

2014年はマウントゴックス事件のあった年ですね。

 

いったん仮想通貨の信頼性が薄れて時価総額が暴落してる年なので創業の年は厳しかったのではないでしょうか。

 

でも結局マウントゴックス事件はブロックチェーンのシステムに問題があったのではなく、マウントゴックス社の社長の横領だったことが明らかになり、仮想通貨とブロックチェーンの信頼は回復していきました。

 

マウントゴックス事件で注目を浴びて、仮想通貨はさらに有名になり一般に普及しだすのでその後会社は急成長を遂げていったはずです。

 

今ではコインチェックをおさえて業界一位の知名度と仮想通貨取引所としての規模を誇っています。

また、後でもセキュリティーに関しては記載しますが、bitFlyer(ビットフライヤー)の資本金は41億238万円で仮想通貨取引業者の中でもトップです。

 

その資本金の多くはセキュリティ対策にあてられているいると発表していますのでbitFlyer(ビットフライヤー)が顧客資産を守るセキュリティーを業務の最重要事項としているのがわかります。

 

正直自分の資産の取り引きをするのでセキュリティを最重要事項として取り扱っていない取引所を利用するのは避けたいですよね。

日本の仮想通貨取引所のトップを行くbitFlyer(ビットフライヤー)を運営する人物を見ていきたいと思います。

 

代表取締役社長の加納裕三ってどんな人?

bitFlyer(ビットフライヤー)の代表取締役である加納裕三さんは1976年生まれで愛知県出身だそうです。

 

出身大学は東京大学大学院工学系研究科です。

 

その後、2001年に外資系金融会社のゴールドマン・サックス証券に入社して基幹業務システムの自社開発部門で3年働いた後にトレーダーに転職されてます。

 

トレーダーをやっていたのはBNPパリバ証券という証券会社です。

 

投資銀行はトレーダーが花形でトレーダーをやりたいという思いが強くなっていったそうです。

 

その後2年ちょっとでゴールドマン・サックスのトレーダーチームから誘いがありゴールドマン・サックスに戻っています。

 

2010年にゴールドマン・サックス内でも仮想通貨が話題になっていたそうです。

 

でもその頃の加納社長の読みは仮想通貨は普及しないだろうなと、国家に潰されるだろうと予想していたようです。

 

そりゃあ法定通貨に変わって仮想通貨の利用をよく思わないんじゃないか?という予想はありますよね。

 

その予想を覆すきっかけになったのが連邦準備制度理事会(FRB)議長のベン・バーナンキさんが「ビッチコインは長期的には可能性を秘めている」と見直し発言をしたことがきっかけだったそう。

 

連邦準備制度理事会(FRB)は日本でいうと中央銀行に当たりますから、アメリカの中央銀行の議長がそんな発言するということは、仮想通貨がアメリカで国家に認められる方向の発言なので、国家に潰されるだろうという予想を覆さざるおえない発言ですよね。

 

その後1か月くらいでビットコインの価値が10倍になったそうです。

 

アメリカで仮想通貨がオッケーなら日本でもオッケーになるだろうとの読みもあったようです。

 

この発言があったのが2013年11月で、その2か月後の2014年1月にbitFlyer(ビットフライヤー)を設立しています。

 

いけると思って2か月後に会社をつくるなんて何という行動力でしょうか。

凄いですね。

 

しかし創業してすぐにマウントゴックス事件があり、一時的に仮想通貨の信頼が揺るいでしまうのですね。

 

2014年1月に起業して、2月にマウントゴックス事件ですから結構きついですねw

しかしマウントゴックス事件はブロックチェーンのシステムの問題ではなく、マウントゴックス社の社長の横領だったことが発覚してブロックチェーンと仮想通貨の信頼は回復します。

 

2015年の後半から取り引きも多くなっていったそうです。

 

着々と実績を積み2017年の仮想通貨元年とも呼ばれる程の盛り上がりでbitFlyer(ビットフライヤー)の登録ユーザー数も多くなっていったのは想像に難くないですね。

 

社長である加納裕三さんが外資系の金融会社での経験が豊富な点もbitFlyer(ビットフライヤー)を利用するユーザーの信頼に繋がっているのではないでしょうか。

 

bitFlyer(ビットフライヤー)の経営陣は金融関係の中でもセキュリティに関係した部署の出身者が多い。

代表取締役社長 加納裕三

まずは社長が外資系金融のゴールドマン・サックス証券で働いており、トレーダーとしても働いておりましたね。

 

取締役 CTO 小宮山峰史

代表取締役の加納社長と同じゴールドマン・サックス証券での実績があります。

 

ゴールドマン・サックスでは決済システムを構築していたみたいです。

 

その後タイムインターメディア CTOに就任し数十の業務システムの設計を手掛ける。

 

システム構築はプロ中のプロといった感じですね。

 

仮想通貨取引所の運営には必須なスキルといった感じでしょうか。

 

取締役 CFO 金光碧

最高財務責任者である金光碧さんもゴールドマン・サックス証券で10年間働いていた経験があります。

 

転換社債、種類株、ハイブリット証券等を用いた資金調達における商品設計を担当していたそうです。

 

資金調達のプロなんですね。

 

bitFlyer(ビットフライヤー)はたくさんの大手企業から出資を受けていますが、金光さんの手腕なのかもしれませんね。

 

経営陣は金融に強い会社で働いていた経験が豊富であるというか、社内取締役の3名は世界最大手の金融機関であり、世界で最も権威のある投資銀行ランキングでも1位を獲得しているゴールドマン・サックス出身でした。

 

bitFlyer(ビットフライヤー)の取締役は社内取締役だけでなく、社外取締役もおり弁護士や会計士の方が就任されています。

 

取締役が社内の人間だけだと取締役会等でどうしても会社の上司である社長に気を使って言いたいことが言えないことがありますが、そこで社外の人間を取締役に置くことで社長に対してもしっかり意見の出来る環境をつっくれるところが社外取締役を置くメリットですね。

 

 

まとめ

bitFlyer(ビットフライヤー)は国内の仮想通貨取引所の中で最大手であり、セキュリティレベルは世界一位との評価があります。

 

経営陣が世界最大の金融期間のゴールドマン・サックスで働いていた経験があります。

堅実な運営で自分の資産の取り引きをする仮想通貨取引所としての信頼を集めています。

 

仮想通貨で投資や投機を行っている方ならおそらくほとんどの方がアカウントを持っている取引所かと思いますのでこれから仮想通貨で投資や陶器をする方で、まだbitFlyer(ビットフライヤー)のアカウントを持って無い方は登録しておいて損は無いです。

 

仮想通貨ビットコイン(Bitcoin)の購入/販売所/取引所【bitFlyer】

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

おまけ

加納裕三社長を姓名判断の視点から見てみる。

私、姓名判断を研究して20年以上の実績があるので、bitFlyer(ビットフライヤー)の社長の加納裕三さんを姓名判断の視点から見ていきたいと思います。

 

まずはオーソドックスな見方の画から見ていきたいと思います。

 

加納裕三さんの画数は、加→5画、納→10画、裕→13画、三→3画です。

 

※裕は新字体なら12画ですが、加納社長はどう見ても旧字体の13画で見た方があってるので13画で判断します。

 

全ての画数を足した総画は31画で大吉です。

 

因みにコインチェックの社長の和田晃一良さんと取締役の大塚雄介さんも総画が31画なんですよね。

 

やはり31画は強運ですね。

 

31画は自分が起こした行動や努力がしっかりと成果としてあらわれる画数なので、自分のやりたいことをどんどん実行していく加納裕三社長をあらわしている画数と言えます。

 

逆に悪いことをしてもそれがしっかり形になってしまうので強運をいい方向に向かわせる為に善い行いをすることを心掛けていくべき画数です。

 

意志も強固で信頼感のある31画なので、顧客の資産を売買する仮想通貨取引所の社長が31画だと私はそこの取引所で取り引きしたくなります。

 

加納→15画、納裕→23画、裕三→16画、加三→8画は全て吉数で加納裕三という名前は吉数だらけの名前です。

 

苗字の下の文字と名前の1文字目を足した主運の23画は体力、知力、強運に恵まれた大吉数です。

 

ただ勢いがありすぎて言葉にとげが出やすいところもあるので口は災いの元ということを肝に銘じ、発言に注意することでより周囲の信頼を集め大成功します。

 

総画から主運の画数を引いた外運の8画は華やかな交際がある画数です。

 

財界の社長と縁があったりするような画数です。

 

大学を卒業して外資系の金融会社というお金に関連がある仕事をしていた加納社長をあらわしていると思います。

 

姓名のバランスを見る三才を見ていきたいと思います。

 

加納→15画→土、納裕→23画→火、裕三→16画→土となります。

 

三才の流れは土→火→土です。

 

土と火は相性が良く三才も大吉です。

 

加納の土、納裕の火で成功運を見ます。

 

火は土があると価値のある土器等を作り出せることが出来ます。

 

土→火の組み合わせの成功運は火に土がもたらされるのでチャンスに恵まれ1つ1つ結果を出していき成功出来ます。

 

納裕→23→火、裕三→16→土で安定運を見ます。

 

人と土は相性が良いので大吉です。

 

火→土の組み合わせの安定運は火に価値のある土が常にもたらされて安定します。

 

周囲から有形無形の価値のあるものが常にもたらされる大吉運なので、周囲への感謝を忘れずにいることが大切です。

 

加納裕三という名前は画数を見ても姓名のバランスを見ても大吉で非常に強運の持ち主なのがわかります。

 

さすがbitFlyer(ビットフライヤー)という日本だけでなく世界で見ても優秀な仮想通貨取引所を運営している経営者といった感じです。

 

小宮山峰史さんも31画です

コインチェックの和田晃一良さんと大塚雄介さんのお二人と同じでbitFlyer(ビットフライヤー)の取締役のお二人共31画でした。

 

ますます31画の凄さを感じますね。

 

小宮山峰史さんの名前をもう少し詳しく見ていくと

小宮山→16画、山峰→13画、峰史→15画で三才の並びも土→火→土で大吉です

外運の小宮史の画数も18画の吉で信頼のおける画数です。

 

財務最高責任者の金光碧さんはどう?

金光碧さんは総画が28画で経営者向きですね。

 

有名な経営者では日本マクドナルドの創業者である藤田田さんやソフトバンクの創業者である孫正義さんがいます。

 

28画は頭の回転がずば抜けています。

 

28画の方が財務責任者にいるなんて最強だと思います。

 

bitFlyer(ビットフライヤー)の経営陣はさすが国内最大級の仮想通貨取引所といったところですね。

 

仮想通貨の積み立てを気軽にするならZaif(ザイフ)もおすすめです。

 

bitFlyer(ビットフライヤー)への登録をする方はこの記事を参考にして下さい。

itimaka.hatenablog.com

 

 

 ザイフの特徴をまとめた記事もあります。

itimaka.hatenablog.com

 

 

コインチェックの特徴をまとめた記事もどうぞ。

 

itimaka.hatenablog.com