bitbank(ビットバンク)に登録してない人はお金損してますよ。メリットデメリットと評判。

f:id:itimaka:20180509102235p:plain

 

bitbank(ビットバンク)って良いの?悪いの?どっちなの?

 

このページはbitbank(ビットバンク)がどういう取引所なのかがわかるようになってます。

 

先に結論言っちゃうとアルトコイン買うならbitbank(ビットバンク)に登録してないと普通に損です。

 

現在取引手数料0円キャンペーン中ですからね。

 

詳しくは下の目次からbitbank(ビットバンク)を使うメリットデメリットを見てみて下さい。

 

この記事ではbitbank(ビットバンク)の特徴や評判、他の取引所と比較したときのメリットデメリット等を網羅しているのでbitbank(ビットバンク)のことを詳しく知りたいという方は是非御一読下さい。

 

この記事で書いてある内容をざっとまとめると

  • bitbank(ビットバンク)の会社概要
  • bitbank(ビットバンク)のおすすめポイント
  • bitbank(ビットバンク)の安全性について
  • bitbank(ビットバンク)を使うメリットデメリット
  • bitbank(ビットバンク)の評判
  • bitbank(ビットバンク)で現在行っているお得なキャンペーン
  • bitbank(ビットバンク)の登録、口座開設方法
  • bitbank(ビットバンク)の二段階認証の設定

について書いています。

 

 

 

登録は公式ページから出来ます。

 

bitbank(ビットバンク)ってどんな会社?

bitbank(ビットバンク)の会社概要です。

bitbank(ビットバンク)の会社概要
会社名 bitbank株式会社
住所 〒141-0031 東京都品川区西五反田7丁目20-9 KDX西五反田ビル7F
設立 2014年5月
代表取締役CEO 廣末紀之
取締役 加藤順彦
取締役 峰松浩樹
取締役 都木聡
資本金 11億3100万円(資本準備金含む)
業務内容 仮想通貨関連事業 関東財務局長(仮想通貨交換業者)登録番号 第00004号
所属団体 日本仮想通貨事業者協会 ブロックチェーン推進協会

 

設立

設立は2014年5月です。

 

日本で一番はじめに出来た仮想通貨取引所はbitFlyer(ビットフライヤー)で、設立が2014年1月9日なので、その4か月後には会社が設立されていた訳ですから、日本の仮想通貨取引所としては歴史の長い方です。

 

金融庁に認可されたのも2017年9月で一番はじめに認可された取引所の1つです。

 

資本金も豊富。

資本金の11億3100万円はbitFlyer(ビットフライヤー)の41億238万円には及びませんが、Zaif(ザイフ)の8億3013万円よりは多いですし、Coincheck(コインチェック)の9200万円よりははるかに多いです。

 

資本金の多さはあくまでも会社運営の為に準備しているお金なのでイコール会社の規模や安定度というわけではありませんが、一つの目安にはなるかと思います。

 

 

代表取締役CEOは廣末紀之さんです。

f:id:itimaka:20180502154656p:plain

※bitbank(ビットバンク)HPより

 

廣末紀之さんはビットコインと仮想通貨の入門の本も執筆しておられます。

 

私もこのブログで仮想通貨関連の記事を書き始める前に勉強で読みました。

 

f:id:itimaka:20180502155518j:plain

 

文書と挿絵のバランスが良く、仮想通貨初心者で知識が全くない状態でも無理なく読み進められるので、仮想通貨のことを一通りざっくりと勉強したいという方にはおすすめです。

 

 

 

仮想通貨取引所ってここの3社に登録しておけば安心っていう3社がなかなか見つからないですよね。

 

有名どころでいうとbitFlyer(ビットフライヤー)、Coincheck(コインチェック)、Zaif(ザイフ)あたりです。

 

しかし、Coincheck(コインチェック)はNEM(XEM)流出事件がありましたし、Zaif(ザイフ)は仮想通貨の価格が下がっているときに売り注文が出来ないといったトラブルがあったり、ビットコインを1円で販売したりと何かとトラブルを抱えてしましまっています。

 

そこでおすすめしたいのがbitbank(ビットバンク)です。

 

bitbank(ビットバンク)は超絶おすすめの仮想通貨取引所です!

bitbank(ビットバンク)がおすすめな理由は安心、安定、お得だからです。

 

ビットバンク(bitbank)の取り扱い仮想通貨
  • ビットコイン(BTC)
  • ライトコイン(LTC)
  • リップル(XRP)
  • イーサリアム(ETH)
  • モナーコイン(MONA)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)

bitbank(ビットバンク)は安定した運営をしている数少ない仮想通貨取引所の1つです。

金融庁の認可第一号組。

bitbank(ビットバンク)は関東財務局長第00004号として、平成29年9月29日に金融庁への仮想通貨取引所としての正式に登録が認められています。

 

金融庁への登録が義務付けられてから1番はじめに許可された仮想通貨取引所の1社なのです。

 

多くの仮想通貨取引所が1回の申請では許可が下りず、正式に登録出来ずにみなし業者として運営している現状をみると、1回で許可が下りているというだけで安心出来る材料になるのではないでしょうか。

 

Zaif(ザイフ)も同じタイミングで金融庁から許可を得ているんですが、、

 

そこに説得力があるんです!

 

たしかにZaif(ザイフ)も平成29年9月29日に金融庁への登録済みです。

 

しかしZaif(ザイフ)はビットコインの価格が暴落してるときに売却出来ないトラブルが発生したり、ビットコインを1円で誤販売したりと色々問題が起こったことがあります。

 

Zaif(ザイフ)だけでは無く、他の取引所も業務改善命令が出されたところが多いです。

 

その中で全く指導も受けずに安定して仮想通貨取引所を運営しているのがbitbank(ビットバンク)なんです。

 

仮想通貨取引所の評価の1つとしてトラブルなく安定して運営しているというのは、当たり前ですが重要な基準です。

 

悲しいかな仮想通貨取引所でこの最低限の基準をクリア―している業者は多くはありません。

 

だからこそbitbank(ビットバンク)は絶対に登録しておいた方がいい仮想通貨取引所と言えます。

 

セキュリティ面も問題無し!

二段階認証とSMS認証でアカウントへの不正ログイン等の被害から守ります。

後で登録方法のところで細かい設定方法を説明しますが、しっかりと二段階認証とSMS認証も設定出来ます。

 

二段階認証を設定しておけば例えばログインするときでもパスワードだけでなく二段階認証コードの入力が必要になりますし、パスワードを変更するのにも二段階認証コードとSMS確認コードの入力が必要になります。

 

f:id:itimaka:20180502160714p:plain

 

このように二重三重のセキュリティにより不正ログイン等の被害を防いでいます。

 

徹底したコールドウォレットの管理とマルチシグの管理でハッキング等の被害から資産である仮想通貨を守ります。

コールドウォレットとはインターネットから完全に切り離した状態で仮想通貨を保管、管理することです。

 

物理的にインターネットから切り離すことでハッキングによる被害を防ぎます。

 

bitbank(ビットバンク)は取り扱い通貨全てにコールドウォレットを採用しています。

f:id:itimaka:20180502162041p:plain

マルチシグとは、仮想通貨にアクセスする際に、2つ以上の秘密鍵が無いとアクセス出来ない仕組みです。

 

マルチシグの採用によって外部からのアクセスによる不正行為が起こることを防ぎます。

 

bitbank(ビットバンク)ではコールドウォレット時のマルチシグをイーサリアム以外の通貨全てで適応しております。

 

イーサリアムに関しては、スマートコントラクトの性質上、通常のマルチシグでは虚弱性がある為対応を見送っています。

イーサリアムにおいても、引き続きセキュリティ面のリサーチを進め、マルチシグ化に向け検討を行っていきます。

※bitbank(ビットバンク)の公式HPより引用。

f:id:itimaka:20180502162051p:plain

 

 

bitbank(ビットバンク)を使うメリット。

取引手数料がゼロ。

現在、bitbank(ビットバンク)では取引手数料がゼロ円キャンペーンを行っています。

 

期間限定ではありますが、これまで期間延長が何度かあったので今後も延長されていくことも期待出来ます。

 

ほとんどの取引所が取引手数料があるのでこれは超絶メリットです!

 

アルトコインも全て取引所での扱いなのでスプレッド幅が狭い。

スプレッドとは、買価と売価の差額です。

 

bitbank(ビットバンク)の特徴の1つとして、取り扱い通貨は全て取引所として取り扱っているんですね。

 

そうです、販売所では無いんです。

 

取引所と販売所の違いは、取引所はユーザー間で売買する、販売所はbitbank(ビットバンク)と売買するです。

 

取引所の方が販売所よりも安く買えることが多いです。

 

他の取引所はビットコインは取引所システムでもその他のアルトコインは大抵販売所としての扱いなんですよね。

 

bitbank(ビットバンク)は全てのコインが取引所です。

 

もう一度言います。

 

販売所よりも取引所の方が安くかって高く売れます。

 

完全にお得!

 

アルトコインを買うなら安いところとして、bitbank(ビットバンク)の他にZaif(ザイフ)があります。

 

どのアルトコインをどっちで買った方が安いかをまとめますと。

 

bitbank(ビットバンク)で買った方が安いアルトコイン。
  • リップル(XRP)
  • イーサリアム(ETH)
  • ライトコイン(LTC)

ビットバンクに登録

Zaif(ザイフ)で買った方が安いアルトコイン
  • NEM(XEM)
  • モナコイン(MONA)

Zaifに登録

 

 

です。

 

なっなるほど~!

でも、Zaif(ザイフ)はイメージ的にセキュリティが心配なんですけど(^_^;)

 

わかります、わかりますよ。

 

その場合は、購入はZaif(ザイフ)で購入して、保管は別のウォレットで保管すると良いで

無料で使えるウォレットではNEM(XEM)はNanoWallet(ナノウォレット)、モナコイン(MONA)はMonacoincoreがおすすめです。

 

でも実際、モナコイン(MONA)の取引シェアは半分以上がbitbank(ビットバンク)です。

やはりZaif(ザイフ)はイメージ的に信頼性が、、、

 

bitbank(ビットバンク)を使うデメリット。

bitbank(ビットバンク)は全通貨取引所としての取り扱いなので簡単売買で買うことが出来ない。

 

下の画面はZaifの簡単売買のビットコインの買い画面ですが、ビットコイン(BITCOIN)をいくつ買うかを入力してBITCOINを買うとクリックすればすぐにビットコイン(BITCOIN)を入手することが出来ます。

f:id:itimaka:20180502180502p:plain

 

下の画面はbitbank(ビットバンク)のBTC/JPY(ビットコイン(BITCOIN)と日本円)の取引画面です。

 

取引所の場合はこのような板取引といって、売りたい人と買いたい人がお互いが条件が揃えば取引成立となります。

 

簡単売買のように入力したらすぐに取り引き成立とはならないですし、自分がいくらで買いたいのか、いくらで売りたいのか等も設定しなければいけません。

 

すぐになれますが、それでもはじめてだと販売所で買うよりも難しく感じるかもしれません。

f:id:itimaka:20180502181004p:plain

 

 

とにもかくにも仮想通貨取引所として安定して取引が出来ることと、主要アルトコインが他の取引所よりも安く買えることからbitbank(ビットバンク)は登録しておくと得する取引所です。

 

bitbank(ビットバンク)の評判

Zaif(ザイフ)と比較している人が目立ちます。

 

モナコイン(MONA)の購入先でどっちにしようか迷ってる人が多いですね。

 

迷ってるというか今まではZaif(ザイフ)だったけどbitbank(ビットバンク)に変えようといったツイートが多いです。

 

仮想通貨FXはbitbankTrade(ビットバンクトレード)で出来ます。

bitbank(ビットバンク)はbitbankTrade(ビットバンクトレード)というビットコインFXに特化した取引所の運営もしています。

 

特徴としてはレバレッジが最大20倍までかけられて、追証無しということです。

 

追証というのは、証拠金以上の損失が出た際に追加で証拠金を入れなけらばならないシステムです。

 

bitbankTrade(ビットバンクトレード)は追証無しなので証拠金以上の損失が出た場合でも追加で証拠金を入れる必要がありません。

 

証拠金以上に出た損失はbitbankTrade(ビットバンクトレード)が支払ってくれるというシステムです。

 

bitbankTrade(ビットバンクトレード)の登録、本人確認はbitbank(ビットバンク)への登録が済んでいると登録もスムーズになります。

 

 ※よくBitTrade(ビットトレード)とごっちゃになっている方がいるみたいですが、BitTrade(ビットトレード)はまた別の仮想通貨取引所で別ものです。

 

仮想通貨を貸して増やす

f:id:itimaka:20180504095557p:plain

bitbank(ビットバンク)では仮想通貨を貸して増やすサービスを開始すると告知されています。

 

まだ実際には運用されていないのですが、近日中に運用開始予定です。

 

2018年5月25日からサービススタートになりました。

 

ビットバンクと仮想通貨賃借取引契約を締結し、一年間仮想通貨を貸し出すと、一年後に最大5%の利用料を上乗せして返還してくれるサービスです。

 

条件によって利用料は変わります。

f:id:itimaka:20180528051005p:plain

 

サービス開始当初はビットコイン(bitcoin)のみがサービス対象になるそうですが、順次他の取り扱い通貨も対象になっていく予定のようです。

 

ただ単にウォレットに眠っている仮想通貨があるならbitbank(ビットバンク)に貸して増やす選択肢もありかもしれませんね。

 

随時キャンペーンも行っています。

bitbank(ビットバンク)で取り引きしている人にメリットがあるように、随時キャンペーンを行っています。

 

まず1つ目は先ほども触れましたが、取引手数料ゼロキャンペーンです。

 

f:id:itimaka:20180509102235p:plain

 

これだけでも十分お得なキャンペーンですがもう1つ。

 

リップル(XRP)の出来高でリップルがもらえるというキャンペーン。

 

f:id:itimaka:20180502163641p:plain

 

過去にはリップル争奪キャンペーンというのもやっていたみたいです。

 

f:id:itimaka:20180502163650p:plain

 

アルトコインが他の取引所よりも安く買えて、仮想通貨取引所として安定して取引が出来るのですから当然登録することを強く勧めます!

 

それではbitbank(ビットバンク)の登録方法を画像付きでわかりやすく解説していきます。

 

bitbank(ビットバンク)の登録方法を解説していきます。

まずはbitbank(ビットバンク)の公式ページにアクセスします。

メールアドレスを登録して無料口座開設

メールアドレスを登録して無料口座開設をクリックします。

f:id:itimaka:20180425074402p:plain

 

登録したメールアドレスにメールが届いてますので確認します。

f:id:itimaka:20180425074407p:plain

 

メールにURLがありますのでクリックします。

f:id:itimaka:20180425074409p:plain

 

パスワードを決めて利用規約等に同意

パスワードを決めて登録、パスワードの再入力をします。

  • 利用規約に同意します。
  • 取引ルールを理解し、利用することに同意します。
  • リスク事項を理解し、利用することに同意します。

を確認してチェックをいれます。

f:id:itimaka:20180425074522p:plain

 

基本情報の登録

名前、名前のフリガナを記入して生年月日を選択します。

f:id:itimaka:20180425074544p:plain

 

住所を記入して次に進むをクリックします。

f:id:itimaka:20180425074547p:plain

 

取引の目的と職業を選択します。

自分が外国の重要な公人にあたるかどうかにチェックを入れます。

確認をクリックします。

f:id:itimaka:20180425074549p:plain

 

入力した基本情報が間違っていないか確認して、問題無ければ登録をクリックします。

f:id:itimaka:20180425081630p:plain

 

以上で基本情報の登録が完了しました。

本人確認書類の登録

続いて本人確認書類のアップロードを行います。

本人確認書類のアップロードに進むをクリックします。

f:id:itimaka:20180425074555p:plain

 

本人確認書類を選択します。

本人確認書類で使える書類は運転免許証、パスポート、住民基本台帳カード、在留カードになります。

f:id:itimaka:20180425074558p:plain

 

画像をクリックして選択してアップロードするをクリックします。

f:id:itimaka:20180425074600p:plain

 

アップロードした写真に問題が無ければこの内容で登録するをクリックします。

f:id:itimaka:20180425074606p:plain

 

以上で本人確認書類のアップロードが完了です。

登録に戻るをクリックします。

f:id:itimaka:20180425074608p:plain

 

本人確認書類が審査中になっていれば大丈夫です。

二段階認証の設定

続いて二段階認証を設定します。

セキュリティをクリックします。

f:id:itimaka:20180425074649p:plain

 

 

 二段階認証の設定をクリックします。

f:id:itimaka:20180425074613p:plain

 

スマートフォンで二段階認証アプリをインストールして使用します。

Google AuthenticatorかIIJ Smartkeyどちらでも大丈夫です。

今回はGoogle Authenticatorを使います。

f:id:itimaka:20180425074704p:plain

 

アプリをインストール出来たらアプリを開きます。

f:id:itimaka:20180426083840p:plain

 

右下の赤い+のマークをクリックします。

f:id:itimaka:20180426083847p:plain

 

QRコード読み取り用のカメラが起動しますので二段階認証画面に表示されているQRコードを読み取ります。

f:id:itimaka:20180426083855p:plain

 

QRコードを読み取るとbitbank(ビットバンク)用の認証コードが表示されます。

f:id:itimaka:20180426083934p:plain

 

二段階認証アプリに表示されている6桁の認証コードを入力して設定をクリックします。

f:id:itimaka:20180425074706p:plain

 

以上で二段階認証の設定は完了です。

セキュリティトップに戻るもクリックします。

f:id:itimaka:20180425074707p:plain

 

SMS認証の設定

続いてSMS認証の設定をクリックします。

 

携帯電話番号を入力して送信するをクリックします。

f:id:itimaka:20180425074711p:plain

SMSに認証コードが送られてきているので確認します。

f:id:itimaka:20180426085058p:plain

 

SMSに送られてきた認証番号を入力して設定をクリックします。

f:id:itimaka:20180425074714p:plain

 

以上でSMS認証は完了です。

セキュリティトップをクリックします。

f:id:itimaka:20180425074715p:plain

 

SMS認証が設定済みになっていることを確認します。

f:id:itimaka:20180425074717p:plain

ハガキの郵送による本人確認

あとは本人確認書類が登録されて配送による本人確認のハガキを受け取れば口座開設は完了です。

数日経つと登録情報の本人確認書類が郵送確認中になっています。

本人確認のハガキがもう少しで届くのでもうしばらくお待ちください。

f:id:itimaka:20180430020831p:plain

 

ハガキが届きましたら、暗証番号が書いてあるのでその暗証番号を登録情報の本人確認書類の暗証番号で有効化をクリックして有効化します。

暗証番号を入力しなくても1営業日程で自動で有効化されます。

f:id:itimaka:20180430233746j:plain

 

郵送での本人確認書類で有効化出来ましたら、登録情報の本人確認書類が完了になります。

 

f:id:itimaka:20180430233755p:plain

 

以上でビットバンクの登録と口座開設は完了です。

 

おめでとうございます!

これでリップル(XRP)、イーサリアム(ETH)、ライトコイン(LTC)の取引をする準備は万端ですね!

単純にお得というだけではなく、安定して仮想通貨の取り引きが出来る取引所なので登録しておいて損はないです(^^)/

 

それではこれから安心して仮想通貨取引をお楽しみ下さい!

 

ただ、調子に乗って仮想通貨取引で資産が減りすぎると楽しく無くなっちゃうのでその辺はあくまでも余剰資金で取り引きするのがおすすめですよ!

 

それでは!