強迫性障害の人が姓名判断にハマると大変なことになるから気をつけた方が良い。

強迫性障害の縁起恐怖とはどういったものか?

強迫性障害の症状に1つに縁起恐怖というのがあります。

例えば4や9といった数字は日本人には死や苦をイメージしてしまうので悪いイメージとして捉えてしまうことがあります。

縁起恐怖の症状が出てしまっている方は4や9の数字を極端に避けるようになります。電車の改札を通るときでも改札の番号が4や9がつく改札以外の改札を通ろうとします。

他にもニュースで殺人事件が扱われていたら見るのを避けたり、ドラマや映画で人が死ぬシーンがあると見るのが苦手だったりします。

そういった映像を見ると自分にも同じように不幸が降りかかって来るんじゃないかと不安になるのです。

縁起恐怖の人は占いにハマると大変です。

占いの結果が良いと縁起が良い、占いの結果が悪いと縁起が悪いとなりますので、占いで良しとされている行動を忠実にこなそうとしたりします。

縁起恐怖の人は姓名判断にハマる人もいます。自分のそのうちの一人でした。先ほど4と9の数字は縁起が悪いから避けだすという話しをしましたが、ではどの数字が縁起が良いのかをいうことに興味があります。

姓名判断では数によって吉凶がある。

姓名判断では数字に吉凶が決められていてその数字の画数を名前に使うと良いというのが一番ポピュラーな姓名判断です。

姓名判断では数字の1には吉祥があり1は全ての始まりの数字なので物事を始める、0から1に生み出すパワーのある数字とされています。

1画の名前を付けると人の上に立って活躍する器がある人、指導者や経営者、何をやっても人よりも抜きんでて活躍出来る人になるとされてます。

日本人で1画の名前は漢字の一か乙くらいしかないのでめずらしいがすばらしい画数とされている。

2は2つに分かれることから離別の暗示があり、何か物事を行っていても途中でトラブルがあって成し遂げられないことがある等不運が付きまとう暗示のある数字です。

2画を名前に付けると精神面では不安定になり、仕事も上手くいっている時期があると思えば突然トラブルに巻き込まれるようなことがあったりと安定しません。

夫婦間では離別、家庭では一家離散の暗示がある凶意のある画数です。

3は明るいイメージのある陽数で分けようとしても1と2というふうに綺麗に半分に分けることが出来ません。人が集まる暗示があり、わいわいと楽しいイメージがあります。

3画数を人に付けると非常におしゃべりが上手で多弁です。人を楽しませることが上手なので周りにはたくさんの人が集まります。

仕事面では対人関係が上手くまた勢いもあるので仕事を上手く進めることが出来ます。

家庭では多弁で賑やかな性格なのでいつも笑い声にあふれるような楽しい家庭を築くことが出来ます。家族でしっかり話し合いも出来て協力していける素晴らしい家庭を築くことが出来るでしょう。

 

例えばこんな感じで姓名判断では数字に吉凶があります。

もちろん1から3までではなく4以降にもそれぞれ吉凶があり、81まであります。

簡単に分けると吉数は1,3,5,6,7,8,11,13,15,16,17,18,21,23,24,25,29,31,32,33,35,37,38,39,41,45,47,48,52,57,58,61,63,65,67,71,73,75,77、78、81

凶数は2,4,9,10,12,14,19,20,22,26,27,28,34,36,42,44,46,49,50,51,53,54,55,56,59,69、70,72,74,76,79,80

です。

この中にも半吉数や男性には吉数だけど女性には凶数、女性には吉数だけど男性には凶数とされている画数もあります。

強迫性障害の縁起恐怖の人が姓名判断にハマるとしんどい。

強迫性障害で縁起不安の人がそれを知ると日常生活でも吉数を意識して凶数を避けだします。

例えば何か買うときでも2個だと良くないから3個にしようとか、電車に乗るときでも2車両目は良くないから3車両目にしようとかいう風になります。

数字それぞれに意味や良いと言われているポイント等も違うので好きな数字何かが出来たらさらに大変です。

例えば姓名判断で大吉とされている15や24や31が好きになるとうがいをするときにでも縁起を担いで15回しようとか31の方が好きな方なら31回しようということがあります。

考えただけでもしんどいですね。

姓名判断というのは強迫性障害ではない人がはまっても良い名前をつけるということに拘りだすときりがないので大変ですが、強迫性障害の縁起不安の人は縁起の悪いことをすると良からぬことが起こるんじゃないかという不安が異常に強く、縁起の良いことをしないといけないという強迫観念から吉数を意識して生活がしんどくなるレベルまでやってしまいます。

いくら縁起が良くても普通に生活出来ずにしんどいことが自分にとってプラスになる可能性は低いのでやめようという考えにならずにただただ縁起恐怖に脅かされて強迫観念に支配されます。

強迫性障害の縁起恐怖の方は姓名判断にハマると生活がしんどくなるので気を付けた方が良いという話しでした。

まあ姓名判断にハマらなくても何かしら縁起を担いだ生活に支配され生活がしんどくなると思うのでしっかりと強迫性障害を完治させることが重要です。

 

強迫性障害の関連記事。

 

itimaka.hatenablog.com

 

 

itimaka.hatenablog.com

 

 

itimaka.hatenablog.com