広告

楽天銀行カードは便利じゃないし危険だから持つなら通常の楽天カードが良い。

楽天カードを否定してる訳じゃないですし申し込みも簡単でおすすめのクレジットカードです。

楽天カードはネットで簡単に申し込み出来ますし、18才以上であれば学生でも比較的審査も通り易く、楽天という有名会社のクレジットカードなので安心感もありクレジットカードの中でも一番人気と言っていいカードです。

基本の楽天カードは年会費も永年無料のカードで(ゴールドカード等の年会費が有料のカードもあります。)貯まったポイントも楽天市場でお買い物が出来るので利用しやすいのも人気の理由かと思います。

どなたにでもおすすめ出来ますし特にクレジットカードをまだ持って無くてはじめて作りたいんだけどどのカードにしたら良いかわからないといった方、または既にクレジットカードを持ってるけどサブでもう1枚持ちたいと考えてる方、もっとポイントの使いやすいクレジットカードを持ちたいという方なんかにもおすすめ出来るカードです。

楽天カードは色々と種類があってどのタイプのカードにするか迷います。

そんなおすすめの楽天カードですが、いざ作ろうとすると楽天カードの中でも色々種類があってどのカードにしようか迷うこともあるかと思います。

普通は基本の楽天カードにすれば良いですが、便利そうなので作りがちなのが楽天銀行カードです。

楽天銀行カードは楽天カードと楽天銀行のカードが一体型になっているカードで1枚のカードでクレジットカードと銀行のキャッシュカードの両方の役割をしてくれます。

私が長年使っているカードもこの楽天銀行カードですが通常に楽天カードにしておけば良かったと少し後悔しています。

クレジット引き落とし口座を楽天銀行にするなら1枚のカードで管理が出来て便利かもと思い楽天銀行カードにしたんですが、実際クレジット引き落としの口座って給料が振り込まれる口座じゃないと不便です。

クレジット引き落としの前にメインの口座から引き落としにかかる分だけ楽天銀行の口座にお金を入れないといけないですし、楽天クレジットの引き落とし口座を楽天銀行にするメリットは特に感じられませんでした。

楽天銀行を給料も振り込まれるメインの口座にするならクレジットの引き落とし口座を楽天銀行にしても良いと思いますが、そうじゃなければクレジット引き落としの口座はメインの銀行の口座にした方が便利かと思います。

それくらいのことなら別に楽天銀行カードにしない方が良い理由にはならないですが、実際私が楽天銀行カードにしていたせいでめんどくさい上にあわよくば大損害を被っていたかもしれないことがあったのです。

具体的に話しますと先日楽天銀行カードの有効期限切れで自動更新になっていたので新しい楽天銀行カードが家に送られてきてました。しかしたまたま数日家を留守にしていたのでカードの受け取りが出来なかったのです。

もちろんクレジットカードなので本人手渡し郵便です。通常なら受け取れなかったら不在表がポストに入ってて連絡をしたら再配達してもらえる流れかと思います。

それがどういった訳か銀行カードにしていたせいで再配達にはならずに一旦差出人の方に戻っていってしまいました。

そして問い合わせると楽天銀行カードなので楽天銀行のサイトにログインしてカードを再発行の手続きをしなければいけないということでした。

しかし楽天銀行のサイトにログインした記憶等無く、idもパスワードもわからない状態、パスワードの再発行の用紙を送ってもらおうとしたら住所が引っ越し前の住所で登録してあるらしく住所変更手続きの用紙を送ってもらうところからの手続きになりました。

要するに作業としては、

  • 住所変更手続きの用紙を送ってもらって記入して送る。
  • ログインパスワードの再発行の用紙を送ってもらう。
  • ログインしてカード再発行の手続き。

この間カードが送られてくるまで2週間以上かかります。

ちなみに楽天カードの方はログインidもパスワードもわかりますし、住所変更もしてました。

そもそも楽天カードだけなら再発行という手続きは要らなかったはずです。

楽天銀行カードの機能が停止していろいろとトラブル発生。

そして手元に残っている有効期限切れの楽天銀行カードでは銀行口座に現金を入れることも出来ないのでクレジットカードの引き落としがされないという事態が発生しました。

支払いは後日送られてくるコンビニ払いの用紙で出来るのですが、カード払いで毎月支払をして継続していたものが全てストップしてしまいました。

今記事を書いているはてなブログのはてなブログproのサービスも楽天カードの支払いで継続してましたが、契約ストップになってしまいました。

そのせいで独自ドメインも使えなくなってしまったのでデフォルトのはてなのドメインに戻ってしまいました。

あとエックスサーバーのサーバー契約と独自ドメインの契約もいくつか契約がきれてしまいました。

私の場合はアクセスがあって稼いでいるサイトが無かったので大した痛手にはなってないですが、稼いでいるサイトのサーバーや独自ドメインの契約がきれてしまっては大きな痛手になってしまう可能性もあります。

まとめ

そういうことにならない為にも重要な支払いをするクレジットカードは余計な機能の付いていないシンプルなものの方が良いと思いますし、引き落とし口座は常に預金がしっかり入っていて口座の機能のストップすることが無いメイン口座にしておくべきなのです。

 

【追記】

結局再発行する際に楽天銀行のキャッシュカードと楽天のクレジットカードを分けて発行しようと思い楽天銀行に相談したら一度退会の手続きをしてその後に再度カード発行の申し込みが必要とのことでした。

楽天銀行は残高があるのでその部分の連動は大丈夫か確認したところ問題無く新しいカードにも残高が引き継がれるとのことです。寧ろ引き継がれ無かったら預金返してってことになるので当たり前ですけどね。

楽天のクレジットカードの方に退会処理が完了するのに数日かかるとのことなのでその後楽天クレジットの方も再度カード発行手続きが必要とのことです。

楽天クレジットの方は今までのカードとの連動制は無く全く新しいカードを発行するということになるみたいです。

私の場合クレジットの分割払いが残ってるのですがそれは通常通りに請求がきます。カードは退会して、残った請求を払うという形ですね。

今回の手続きで面倒だったのは、楽天銀行のことは楽天銀行に、楽天クレジットのことは楽天クレジットに電話しないと判らないことです。

カードを2枚に分けた場合に以前のカードと連動してますか?と楽天銀行に聞くと大丈夫ですと返ってくる、ちなみにクレジットの方も連動しますか?と聞くとそれは楽天クレジットさんに電話してもらわないと判らないですと言われます。

なので何か1つ確認するのに楽天銀行と楽天クレジット両方に電話で確認するということがかなりありました。

関連会社なのだからある程度は把握しといてくれたら助かるのになと思いました。

まあそれでも楽天カードはポイントが楽天で使えるという便利さから持っておきたいカードなのでこれからも利用させて頂きますけどね。