広告

マックはかわいい店員さんでもスマイル0円だけど、ヨドバシのかわいい店員さんのスマイルは285円だった。

ふ~ふふん♪ふ~ふふん♪ふふふふ~ふふ~ん♪ふ~ふふふふふふふふふふ~ふふ~ん♪

気分は上々である。

 

僕がよくわからない鼻歌を歌っているときは最も気分が上々のときだと思ってもらっていい。

 

何故僕が今日気分上々だったのかと言うと、仕事終わりの時間帯だったというのもあるけど、仕事の後にUSBケーブルを買いに行っていたからだ。

 

ん?何でUSBケーブルを買うくらいで気分が上々になってたかって?

それはそのUSBケーブルはモバイルパソコンと一緒に持ち歩いてマックやモスでパソコンをカタカタターン!てするときにスマホを充電する為の持ち歩き用に買うからなのだ。

カタカタターンだけでもモテそうなのに、同時にスマホを充電しているなんて、なんてクリエイティブなんだ!

そう思ってよくわからない鼻歌まじりでノリノリでヨドバシカメラに行ったんだ。

 

ヨドバシ秋葉の1Fスマホのアクセサリーコーナーにちゃんとあったよ。

USBケーブル…

USBケーブル達…

あったというか、、、

 

ありすぎる…

 

USBケーブルだけで何種類あんね~ん♪チーン

まーUSBケーブルはぶっちゃけどれでもいいよ、白か黒かと長さだけ選べばいい。

でも一緒に買おうとしていたUSBからコンセントへの変換アダプター!

これ大事ね!形も結構色々あるし、色もいっぱいあるし、何だかキャラクターものまである。

 

これはどれを選ぶかによってモテ具合が若干違うんじゃないだろうか?

 

そう思うと真剣だ。

自分の一生の嫁を選ぶかの如く真剣な眼差しで変換アダプターの品定めをする。

何アンペアで充電出来るかも重要だが最も重要なのはデザインだ!

デザインと裏の注意書きなんかも読みながら、少しづつ横移動しながら品定めしていると人にぶつかってしまった。

ドンッ(実際鳴って無いけどイメージね!)

「あっすみません!」

先にあちらから謝ってきてくれた。

僕が若干横移動しながらモテる為に変換アダプターを選んでいたから悪いのに何てこった!何ていい人なんだー!と申し訳ない気持ちになりすぐにこっちも謝った。

「いえいえ、こちらこそすみません!」

と振り返るとそこにいたのはヨドバシの店員さんではないか。

な~んだ店員さんか、な~んだヨドバシの店員さんか、な~んだヨドバシの女性の店員さんか、な~んだちょっとタイプのいや結構可愛いヨドバシの女性の店員さんか。

 

可愛い女性の店員さんやないかー!しかもかなりタイプ(´ω`*)

 

それに気づいてからは落ち着いて変換アダプターを選ぶことが出来ない、変換アダプターのさわり方がキモイと思われてたらどうしよう、あれ?動きが変になっているんじゃないか?

等々など気になってしょうがない、あんまり長い時間選んでいても変ではないか?

たかだか変換アダプター如きに!

何か変な汗もかいてきた。

あのこがレジになってしまったらちょっと汗臭いとか思われるんじゃないだろうか。

あ~これはまずい!今日は一先ずUSBケーブルだけ買って退散だ!出来るだけ悪い印象を残さずにさわやかに立ち去った方が作戦としては優れている!

一旦退散してノジマにでも行って変換アダプターを買えばいい!

ヤシマ作戦ならぬノジマ作戦だ!等とエヴァンゲリオンをそんなに詳しい訳でもないくせに、よくわからん作戦名の作戦を実行する為に変換アダプターは諦め、USBケーブルだけ買って帰ることにしよう。

そう思いUSBケーブルだけを持ってレジへ。

レジは3台稼働している。

予想通り1つのレジにはそのこが入っているよ!

頭の中で順番の流れからお会計をするレジを予想している。

(何とかこのままいけばその女の子のレジは避けれそうだ。)

本来ならそのこのレジでお会計したいところだが、今僕のポケットにはいらないレシートだらけのきったない財布が入っている。

現に友達は僕の財布を汚物と呼んでいる。

ここからお金を出すところを見られたくない!

あれ?何か右のレジの男性がレジでまごついているぞ?クレジットの暗誦番号を間違えているようだ!

 

もう!サインでいいやんけ!

 

「お待ちのお客様こちらのレジどうぞ~」

やたら可愛い声で呼ばれたよ、今僕が先頭だからたぶん僕のことだな。

「お待ちのお客様~」

たぶん普通に呼ばれているだけなんだろうけど僕の頭の中では「お待ちのお客様~お待ちのお客様~お待ちの~」

みたいな感じでエコーしている。

 

終了のお知らせです。

 

汚物見られたくないよ~と思い、もう終了覚悟でレジに向かう。

「ポイントカードはお持ちですか?」

ポイントカードはまだ大丈夫だ、お札入れの中が特に汚いからカード入れまではそんなにひどいものでもない。

 

ピッカーン!

 

凄いことに気づいてしまった!クレジットカードで払えばお札入れ開けなくて済む!

「1点で285円です。」

安すぎるやんけ!

285円カードはダサいんじゃないか?気にし過ぎなのか?

でも背に腹は代えられん。

僕「クレジットで大丈夫ですか?」

店員さん「はい、ポイントでも払えますけどお貯めして宜しいでしょうか?」

気づかんかった~!!!

 

「ぽっポイントで!!!っ」

 

ポイント利用という飛び道具の使用により、お札入れ汚いダサいも285円の買い物クレジットはダサいかもという両方の危険を回避することが出来た。

神は我々のことを応援しているに違いない。

 

終始変な汗をかいたままヨドバシを出た。

 

安心して電車に乗って帰ってる途中、スマホの充電が切れた。

モバイルパソコンから電源を供給しようとさっき買ったUSBケーブルをさっそく取り出した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これガラケー用やないか!

 

今から引き返せばまだ閉店前に返品が出来るはずだ。

でも285円の為に汗だくで返品しに戻ってくるなんてダサいんじゃないか?

(えー!何でこいつ間違ってんの~!返品レジとかめんどくさいんですけど~上司に確認取るのもめんどくさいし~私涙が出ちゃう、だって女の子だもん。)

何て彼女が思って困ってしまうかもしれない!

ここは彼女の笑顔の為に285円払ったということにしておこう。

笑顔になることを祈って神社のお賽銭箱に小銭を投げ入れたと思えばいい。

でもまたケーブルを買いに行ったら変な奴みたいなので今度は違う店に行こう。

ビビりの僕はもうあのケータイアクセコーナーに行けないだろう。

 

そして私は今家に着きシャワーを浴びて一生使うことのないであろうガラケーのケーブルを眺めながらワインを飲んでいる。

私にとっては実益の無いケーブルではあるが少しほろ苦い思い出の残るケーブルになった。

 

今夜はよく眠れそうだ。