広告

メガネ同士は仲良くなりやすい。

今日でメガネデビューして3日目です。

一昨日、昨日と2日連続でメガネの記事を書いてきましたが、今日もメガネの記事でいきます。

 一昨日の記事で、今までメガネを掛けていなかった人が、メガネを掛けると、いろいろとこえをかけられるということを書きましたが、その中でも割かし濃い反応をしてくれるのは、メガネを掛けている人なんです。

メガネを掛けている人の方がメガネに敏感なんですね。

メガネを掛けている人がメガネを変えた場合にもよく気づいてくれるみたいです。

自分もやっていることの方が関心があるから気づき易いのかもしれません。

これは女性がよく言う、髪を切ったり、ネイル変えたり、ピアス変えたりしても彼氏または旦那は気づいてくれないということにも言えると思います。

彼氏または旦那さんは髪を切ったり、ネイル変えたり、ピアス変えたりということに興味が無いんです。

自分はそんなことやらないし。

私に興味が無いってことじゃん!

って言われたら言葉につまってしまうので一旦置いとかせてください。(笑)

それに比べ女性の友達ならそいいうことに興味があるので当然彼氏や旦那さんよりも気づき易いと思います。(自分もやるから。)

話しをメガネに戻します。

メガネを掛けている人の方がメガネを掛けてきたり、メガネを変えたりしたときに敏感なだけではなく、メガネ同士は仲良くなりやすいと思います。

メガネ同盟とでも言いましょうか。

お酒を飲みながらのノミニケーションや、タバコを吸っている人同士が喫煙所で交わすタバコミュニケーションなんてのもありますが、メガネコミュも存在していると思います。

メガネコミュを意識している人は少ないと思いますけど、無意識のうちに起こっているものだと思います。

デートのときは男性がスーツで女性がカジュアルな服装だとどうもまとまりがなく、カジュアル同士といった風に服装の感じを揃えた方が気持ちのまとまりもあるのと同じように、メガネ同士も知らないうちに気持ちのまとまりが生まれています。

これは心理学ではあまりにも有名なミラー効果にも通じるところがあると思います。

ミラー効果を簡単に説明しますと、例えば初対面で相手と同じ動きをすると仲良くなりやすいといったものです。(物凄く簡単に説明すると。)

相手がジュースを飲んだら同じタイミングで自分もジュースを飲む。

相手が相手が耳をさわったら自分も何気なく耳をさわるというふうにやると自然と相手との心理的距離が縮まりやすいのです。

服装や身につけているものが同じか近いものだと心理的距離も縮まりやすいということはあると思います。

気になる異性がメガネを掛けているなら、自分も何気なくメガネを掛けるようにすると仲良くなりやすいかもしれませんね。

意中の相手との距離がなかなか縮まらず、相手がメガネを掛けているという方は一度試してみてはいかがでしょうか?