広告

人類総お笑い芸人時代~笑いは世界を救う、みなさんも人を笑顔にする趣味みつけませんか?

 昨日の記事で、失敗は悪いことじゃない。

失敗をネガティブにとらえないで、どんどん行動して挑戦して生産性を上げていこうと自分を鼓舞するための記事を書きました。

a.itimakablog01.com

 

そんな考えをまとめたときに、このブログでも何回か話題にさせて頂いている人気ブログ風の他人の姫姉様の姫姉様がこんな記事を書いているのを読みました。

 

退屈という病 - 風の他人の姫姉様

 

この記事を読んではっと思い出しました。

人間関係が問題無く、仕事も難なく軽々しくこなせ、全てが上手いことまわっている状態って、はたからみたらほんとに羨ましくみえるし、憧れの的にもなるし、そんな状態で悩んでることがあるなんて信じられないかもしれないのだけど、こういう状態のときって、物凄く退屈で、暇でしょうがなくって、生きている価値さえわからなくなって、本人はものすごく悩んでたりする。

そんな悩みは周りの人も持っているものだとはなんとなくわかるけど、今や人気ブロガーでここ最近も飛ぶ鳥を落とす勢いで活躍をみせている姫姉様がそんな感覚だと知って、そういうことはありえるってわかってはいたんだけど、少し個人的にびっくりしてしまいました。

当然退屈で悩んでいる人なんて世の中にいくらでもといると思って、グーグル検索で「退屈」「地獄」とキーワードを入れて検索してみると知恵袋で質問している人もいました。

なぜ人間は退屈に耐えられないのでしょうか? - 「人間の生は苦悩と退屈の間... - Yahoo!知恵袋

ベストアンサーの方の情報によると、ドイツのショーペンハウアーという哲学者が「人間の生は苦悩と退屈の間を往復している~」という本でこのように述べていると答えて下さっています。

困窮や苦難から解放されると、今度は別の重荷である「退屈」が襲いかかる。この重荷から逃げ出すべく、
暇つぶしへと邁進する。著者によれば人生はどう転んでも重荷(退屈)か苦難でしかないということらしい。 

 

厭世的なようですが、苦悩地獄と退屈地獄の間を往ったり来たりしているのが人生という指摘は的を得ていると思います。 

ショーペンハウアーが言うように、人生は苦悩地獄と退屈地獄を往ったり来たりするものだとすると何だか救いようがないように思えてしまいますが、それでも上手く気持ちの整理をつけて生きている人はいると思います。

そうやって上手くやっている人の多くは、何かに夢中になっている人なんじゃないかなって思ったり。

夢中になってやっているときは、退屈だなんて感じないものなんじゃないかなーって思うんです。

だから前に記事にしたこともあるけど、退屈を感じるたびにオタクになりたいって思うんですよね。

 

a.itimakablog01.com

このときの記事でも書いたけど、僕は今まで何かにはまって夢中になって生きたいと思い、一時期はダーツばっかりやっていたときもあったし、さっしーのユウチューブの動画ばっかりみてた時期もあった。

ダーツをやめたきっかけは、ダーツで食べていけるわけでもないのにずっとやっててもねーっと仕事がおろそかになりつつあった状況もあって、現実の生活と天秤にかけてダーツ熱はさめてしまった。

さっしーが好きという所謂アイドルオタク熱も何だか、この先いつまでさっしーに夢中になっているつもりなんだろう?自分。

という現実をみつめた冷静な判断で何となく熱がさめていってしまった。

(動画をずっとみてたり、テレビを逐一チェックしたりはしていないですが、さっしーは今でも好きです。好きな芸能人っていう一般レベルですけど。)

 

どっちの趣味もすごい楽しい趣味だし、趣味ってそんなもんだろって思うのですが、どっちも冷静になってやめてしまうという僕の思考の前にもろくも崩れ去ってしまいました。

どっちの趣味も誰にも迷惑をかけていないし、それで笑顔になれるなら素敵なことなのに。

 

笑顔というキーワードでいうと学生時代のことを思い出しました。

学生時代は僕はどんなだったかって言うと、人を笑かすことが大好きなやつでした。

20歳まで大阪で生まれて育ったという環境もあってか、小学校なんかでも数か月に1回のペースであるお楽しみ会的なところで、漫才やコントを披露するというのは普通の土地柄だったんですけど、僕はいつもその漫才やコントを披露する側でした。

友達の笑顔を見るのが大好きな子供だったのです。

もちろん今からお笑い芸人になってテレビで活躍したりすることは出来ないですし、そんなセンスは持ち合わせておりません。

(お笑いで食べてる芸人さんってものすごくセンスや才能があって、その上で努力をしているので自分のほうがおもしろいとかって思ってる人ってとんだ勘違い野郎。)

どれは無理なので、何かしら人の笑顔が見れることをみつけてそれを趣味にしていきたいと思います。

趣味は人の笑顔を見ることってちょっと素敵な感じ?(笑)

とりあえず横にいる人を笑顔にすることからはじめてみよう。

飲み屋でたまたま横に座ったおっちゃんとか。(笑)

人を笑顔にすることが趣味。

なかなかいい趣味だな。

って今考えただけで、まだ趣味って言える状態ではないですけど。

誰か趣味仲間いませんかね?

趣味が合う人ゆるーく募集します。(笑)

 

と記事を書きおわったあといばや通信の記事でこんな記事を読んだ。

【いばや会議】「センスのある暇人」が時代を作る。ー 宇宙全体から見れば自分の悩みなどゴミ。 - いばや通信

そっかー、姫姉様はますますこれから創造的な活動をして行くんだろうな。

暇な状態のときに創造的な活動をすればよかったのかな?

私は暇すぎて生活を破壊しにかかりましたけど。(笑)

かつてさっしーを応援していたようにこっそり姫姉様追っかけオタクでもやってようかしら。

姫姉様は芸能活動をしてるわけじゃないのにおっかけなんかしちゃったら、ストーカーとして捕まっちゃいますね(^-^;

 

姫姉様の関連記事。

 

a.itimakablog01.com

 

a.itimakablog01.com