広告

記事もろくに書いてないくせにアドセンス貼っちゃった。サイズの調整やらなんやらで2~3時間かかった気がする。

ほんとそんなんことしてるんだったら記事の1本や2本書けるだろって思うし、今アドセンス貼ったって大した成果も残せないんだからなんでそんなことするのかなーって自分へのつっこみは置いときまして、アドセンス貼っちゃいました。

アドセンス貼ると何だかんだ実績が気になったりするんじゃないかなーと思って余計なところに力を使わないでおこうとずっと貼ってなかったんですが、最近「散るろぐ」のチルドさんも貼ったし、アドセンスの記事も書いてて読んでたらそのまま何か流される形で貼ってしまいましたよー。

cild.hatenablog.com

記事でチルドさんが書いている通りアドセンスの広告をクリックするのはリピーターになっている読者の方より検索で記事にたどり着いた方の方が確率が高いです。

リピーターになってくださっている読者の方は、そのブログの記事を読むことが目的なわけなので、記事読んで広告が気になってってことは少ないんですね。

それに比べ検索できた方は何らかの気になるキーワードで検索してその記事にきたわけですから、何らかの気になることの答えを探していると言えます。

そこでコンテンツマッチング広告が上手く読者の気になる広告を表示してくれれば、クリックしてみにいくということになります。

この流れは本来広告を出す側からしても狙い通りの流れなので素晴らしい流れをつくった記事ということになると思います。

読者からしても自分が気になっていたことの広告が表示されてるわけですし、広告をみることで答えの幅が広がるかもしれません。

ブロガーからしても検索で自分の記事を読んでくれて、知的好奇心を満たすサポートになったり、疑問を解決する鍵になったり、悩みの解決のサポートになれば嬉しいですよね。

そういう流れをつくれればアドセンスのクリック率は上がると思います。

以前それを考えて、おしゃれブログをやっていたことがあったんですよね。

自分なりにコーディネートを考えてブログにのせてたんです。

自分の中の軽い黒歴史ですけど。

ブランド名などで検索されるようにして記事を読みにきてもらう、読みにきてくれた方の大半は服やおしゃれなコーディネートに興味がある人です、それしか書いてないブログですから。

狙ってたのはGUです。

そういうブログをみにくる場合、女性がファッション雑誌をペラペラめくって流し読みするみたいにどんどん次の服がみたいという感じで移動していくんじゃないかなという仮説のもとやってたんですね。

そのブログに貼っていたアドセンスの表示される広告はほとんどがアパレル関係の広告です。

服に興味があって検索をかけてる人がおしゃれな服の広告をみたらみにいくんじゃないかと。

結果は予想通り、1PVあたり1円くらいにはなってました。

通常は1PVあたり0.2円ほどと言われてますから、かなり高確率でクリックされていたと思います。

やめた理由は服にお金がかかりすぎたので、クリック率高くても赤字で黒字化できるまでPV上げるまで続かなかった。

まーもともと大しておしゃれでもないので無理があったんですけど。

自分なりのおしゃれってことで出来なくはないですが。

ほかにもアフィリエイトの失敗談とかもいろいろありますが、機会があれば笑い話にして記事にしたいと思います。

今回は広告あまり気にせず、基本に忠実にPVが上がるように面白い記事を書いていけるように頑張りたいです。

広告を非表示にする