広告

ブログに置いても重要になってくる長期的展望と短期的展望。

何かを始めるとき、それについて事細かいところまで作戦を練り、自分の目指すゴールまで計算をしつくして物事を成し遂げると言う人は少なからずいると思う。

だけどそれは、そのことについて十分に理解があり、計算出来るだけの経験や実績があるときにだけ出来ることなのではないかと思う。

それかよっぽど頭のいい天才か。

何かを完全にはじめての状態からはじめるとき、多くの人はまずとりあえずやってみて、動きながらいろいろ調整していくのではないでしょうか。

何故なら頭の中であれこれ考えていても実際にやってみると考えてたのとは違うということがおこるのが当然だからです。

ブログに置いて、まずはつべこべ言わずに記事を書け。

まずは100記事書いてからだ。

3か月毎日更新してみろ。

なんていうことがいろいろなところで語られていますが、それはまずやってみたらいろいろわかってくるからそれをやる前にいろいろ考えてもしょうがないというのが、100記事で

あったり、3か月毎日だったりするのだろうと思う。

100記事や毎日3か月をやってる間に自分が望んでいる以上にアクセスや人気が得られる人もいると思うし、こうこれで十分だと思えるとこまでいく人もいるだろう。

そもそもアクセスなんて必要あるのかという疑問もあるかとは思うが、ブログを公開している以上、誰かにみてもらいたくて書いているはずだし、その数が多くて困ることはそうそうないはずだ。

日本中の人が自分のブログを知っていて、ちょっと検索すると批判的な言葉ばかりが目についてしまい、精神的にこまるというとこまでいったら話は別だが、そんなところまではそうそういかないし、そうなって困る人のブログにはそれだけのアクセスはそもそも集まらないだろうからそんなに心配することはないと思う。

少しの人でもみていてくれればいい、そんなに多くのアクセスは望まないと言う人ももちろんいるだろう。

実際これを書いている僕も、一応少しばかりのアクセスがあり、読んでくださる方もいるのでそれは本当に嬉しい。

でもせっかくだったらもっと多くの人によんでもらえたらもっといろいろな気づきもあるんじゃないかと思う。

まだインターネット上で出会ってないだけで、僕のブログをたのしくみて下さる方が他にいるかもしれない。

それにはまず出会うことが必要なのだ。

出会う確率を上げるには露出を上げるのが一番だ。

検索でたくさん表示されたり、SNSでたくさん拡散されれば出会う可能性の高くなる。

それをしようと思ったときに、今までやってきた方法ではたしていいのか、もっとこうすればいろいろな人に読んでもらえるのではないだろうかということが出てくる。

今までがむしゃらにやってきたことでは足りない部分。

それを今からすぐに実行できるのであればやればいい。

今すぐに実行できないのであれば、時間をかければ出来るのかどうかを判断し、もし時間をかければ出来ることなら長期的展望としてイメージし、いつまでにどういった記事を公開し、その記事を公開したことに

よってどれくらいブログの規模が大きくなるかを推定でもいいからしっかりとイメージ出来ることが大事だと思う。

その記事に対しての読んでくれた方の反応はどうか?

よい反応と悪い反応の両方を考えておいた方がいいかもしれない。

もしそうなったらブログ以外の生活に影響はあるのか?

アドセンスを張っているとしたらどれくらいの収益になるだろう?

楽しいことも大変なことも想定し、じゃあ今は何をするべきか。

それを着々と追行していくことが重要になるのではないか。

目の前の快楽だけに目を向けていては本当に自分の成し遂げたいことはなしとげれないのである。

 

自分がまったく出来ていないことばっかり書いてしまった。

 

そんな感じです。

広告を非表示にする