広告

僕が1日に1記事ペースを維持した理由。

2月の28日に日付で数えると僕は6記事を更新して、2月の1日1記事ペースの体裁を保った。
実際は毎日更新していたわけではなくむしろ書いてない日があったから28記事に足りずに最終日にまとめて更新することになったのだ。
別に誰に言われているわけでもなく、ブログ上で更新頻度を宣言しているわけでもなく、1日に1記事ペースなんてやる必要もないのだけど、2月にそれが達成出来なさそうな状況で僕は強引にそれをした。
その行動から僕は自分自身の心の片隅でそこに拘っているのを確認した。
僕はいつもこのブログ上では適当にやっていますよというスタイルをみせながら、自分のなかでは何か火がついているのかもしれない。
あまり気づきたくなかった部分だけど、そういうことなんだろう。
僕はまだ自分の心理に気づいていない部分が多いのかもしれない。
何だか頑張りますや頑張ってますややってやるぞと宣言するのは気恥ずかしくてそう言えないのかもしれない。
僕がこうやってもうベットで寝転んで寝る時間になってそれでも更新したくなる理由は何なんだろう?
ブログが単純に楽しいから?
それもあるだろう。
もしかして人気が出てアドセンスでも貼って稼げればいいなと思ってる?
そんなことは簡単に出来ることじゃないし、それだったらはじめからアフィリエイトに取り組んだ方が効率は良さそうだし、いやアフィリエイトも簡単じゃないのはわかるし。
でもそんな気持ちが全然ないことはないだろう。
ブログを書くことでいろいろ考えたり情報を収集することが勉強にもなるから?
これは大きい。
承認欲求?
読んでくれる人がいるだけで嬉しいのはそういうことなんだろう。
でも今僕が本当にブログをやっている理由はたぶん、自分に自信を持ちたいからだと思う。
ブログを続けることが出来ているということを自分で確認することで、自信を持ちたいのが続けようとしている一番の理由になっている。
ここでやめたらまた前までの自分に戻る。
毎日仕事をして特に楽しみらしい楽しみもなく、日常の些細だけど楽しかったり嬉しかったりすることに鈍感になって、何か新しいことをするのが億劫になってるくらい、退屈にどっぷりつかってしまって抜け出しかたもわからず日々平然な顔で過ごしてはいるけど、暇だーや退屈だーというのが言ったかどうかもわからないくらいに自然に口からこぼれてしまっているブログをはじめる前までの日常に。
いや、今でもそこから何も変わってないのかもしれない。
でも今はそれをブログに書くことで確認出来る。
意外と毎日いろいろ考えて過ごしていることにも気づけたりする。
そして今はまだブログを書くことで自分に与えることが出来るいい影響がほんの少し出ただけでもっとよくなるんじゃないかと少し期待を心のどこかでしているのかもしれない。
僕が普段こういう気持ちを出来るだけ持たずにブログをただ楽しむというスタンスでやろうとするのは、そういう期待が違ったときにブログをやめるということをしないためだ。
何も起こらなかったとしても楽しかったらやるから。
だから僕がいつもブログに書くようにただ楽しいからやってるというのがいい状態なのだ。
でもあえて今回それ以外の気持ちも書いたのは、それはそれで僕の中にたしかに存在している気持ちだから。
いつも表に出しているただたのしいからやってるというのも本当だし、それ以外の気持ちが心の片隅にそんざいしているのもたしかだ。
いつも出していない方の気持ちもちょっと書いておきたかった。
ただそれだけです。

広告を非表示にする