広告

「僕は」「私は」「筆者は」当ブログの記事内容で変える一人称の使い方の解説。

僕は最近このブログで、自分のことを、僕はとか、私はとか、筆者はとかいろんな言い方をしている。

自分に持っているイメージがその時々で変わっているわけではなく、伝える内容によって記事の書き方が違うので、自分の呼び方もその記事に合わせて変えているのだ。

どういうときに自分のことを僕というのがいいのか、私はというのがいいのか、筆者はというのがいいのか、明確に分けているわけではないけど、何となくこういう記事を書きたいときはこんな書き方になるから自分のことはこう言おうというのはある。

自分自身の中での整理の意味も込めて記事にしてみたい。

一人称を「僕」にするときはどんな記事か。

これはいわゆる日記のときです。

このブログははじめたときからしばらくは、個人の日記のスタンスでやってきたのでほとんどの記事でこの「僕は」という一人称が使われています。

今でも多くの記事はこの「僕は」の一人称を使って書いている記事が多いです。

一人称を「私は」にするときはどんな記事か。

これは何か役にたちそうなことを読んでくださる方に伝えるような記事のときに使っています。

まだ使ったことは数回しかないですが、一人称を「僕は」にするよりも、社会的な言い方だと思うので、極身内に向けてではなく、まだそんなに接したことのない方にも伝えたいような記事の内容のときにいいかと思っています。

逆にいうと「僕は」のときは、いつもこのブログをみにきてくださっている方や、以前から僕のことを知っている方に向けて書いている気持ちが強いかもしれません。

別に検索経由等ではじめて訪問してくださった方に読んで頂いても何の問題も無いのですが。

むしろ読んではもらいたいです。

一人称を「筆者」にするときはどんな記事か。

これは「私は」のときと近いのですが、伝える内容が体験に基づくものを伝えるときに向いているんじゃないかと思っています。

ライターの方が使っているイメージ。

スピード感のある文章にしたいときにも向いていると感じる。

ちなみにこのブログで僕が自分のことを「筆者は」と書いているのは今のところ1記事だけ。

自分はということも出来ますが、筆者はの方が、自分という個を強くアピールしていない感じがしてよりスマートなんじゃないかと思う。

そういう意味では自分はということによって表現が違ってくるのでそれはそれで使いどころもあるのかなと思う。

このブログではおそらくまだ1回も使っていないが。

 

当ブログで使っている一人称の使い分けは今のところそんな感じです。

あまりほかのブログで一人称が記事によって変わるというのは見かけないけど、絶対にやってはダメなことではないんじゃないかと思ってやっております。

それに対して自分で少し違和感を感じ、サブブログの案もありますが、これで問題なくいけるならサブブログは必要ないかも。

今のところほとんどの記事が「僕は」の記事なので、これから「私は」や「筆者」は等の記事をもう少し書いてみたいなと。

やっぱり自分で納得が出来なかったらサブブログをつくる流れになるかもしれません。

そんな感じです!

広告を非表示にする