広告

スマホ落としてしまった!被害を最小限にする方法を考える。

今日は仕事が休みだったので、自転車に乗ってサイクリングを楽しんでいたんだけど、ズボンの後ろポケットからいつのまにかスマホを落としてしまった。

こういった大切なものを落としてなくしてしまうというのはめったにないから落としたのに気づいたときはものすごくあせるが、あせってもスマホはみつからないので最善の対処をするしかない。

結果からいうと、スマホは今代替機をかりている状態で、電話帳はドコモのケータイデータお預かりサービスにバックアップしていたので、バックアップしていた分の連絡先は失わずに済んだ。

ケータイデータお預かりサービス | サービス・機能 | NTTドコモ

ただ最後にバックアップをしたのが半年以上前なので、ここ最近に登録した電話番号等は復旧出来ないままだ。

最近は連絡をLINEですることが多かったので、LINEは登録してあったメールアドレスとパスワードで使用端末の切り替えが出来たので連絡先関係はそれほど問題無さそう。

ちなみにLINEの今までのトーク履歴は消えてしまった。

自局の電話番号とメールアドレスはドコモのUMIカードの再発行という処理で今までと同じものが使用出来る。

ドコモメールはクラウド上に今までのメール履歴も残るらしく、受信メールなども戻る可能性があるとのことだったが、今回は全く戻らなかった。

理由はちゃんと設定されていなかったのかもしれませんと少しあいまいな担当者の解答だった。

今回スマホを落として戻ってこない可能性があって一番問題なのは、スマホの本体とmicroSDに入っている画像です。

スマホにmicroSDを入れたのは最近なので、それまでのデータはスマホの本体に入っていると思われます。

スマホの本体にはパスワードロックがかけてあり、そうそう他の人の解除されて中の画像をみられる心配はないと思うが、microSDの方は本体から出して、PC等で中をみられてしまう。

microSDの方には個人情報になるような写真は入っていないと思うが心配だ。

もし拾った方が警察に届けてくれれば画像は手元に戻るけど、落としたときにスマホの画面が割れて操作が出来なくなっていれば、本体の方の画像は復旧出来ないかもしれない。

ドコモにデータ復旧を依頼すれば戻るかもしれないがやってみないとわからない。

もし何らかのデータが取り出せて受け取る場合には有料で受け取ることが出来る。

料金はケータイ保障サービスに入っているかどうかと、使っている機種の発売時期で違ういようだ。

一番大事なのは大事なものを落とさないことで、持ち歩くものなら落とさないように持ち歩くことだ。

当たり前のことだけどそうそう落とさないからそのへんの防犯の脇が甘くなっていることがあるかもしれない。

ズボンの後ろポケットには大事なものを入れないようにした方がいいかもしれない。

今回はスマホで痛い目にあったが、財布だったらもっと大変なことになっていたかもしれない。

長財布をズボンの後ろポケットから半分飛び出した状態で持ち歩くのは危険だと今回改めて思った。

ここまでが今回の経過報告。

ここからはこれから万が一スマホや財布等を落としてしまった場合、どうしておけば被害を最小限に食い止められるかをまとめていきたい。

スマホのバックアップ

1.まずやっておいた方がいいのは画面ロックです。

スリープ状態から戻るたびに、ロック解除しないとスマホを操作出来ないようにしておいた方がいいです。

スワイプパターンやPINコードやパスワードロックがあります。

出来るだけ簡単に解除されないようにロックをかけておくと他人に端末を使用されるのを防ぐことが出来ます。

会社から支給されている端末の場合、画面ロックが義務付けられている場合が多いと思いますが、個人の端末はロックをかけていない方も多いのではないでしょうか。

自分で使うときにもロックを解除しなければいけないので少しだけ面倒ですが、慣れれば大したことありません。

万が一の防犯の為と思えばやるべきです。

余談ですが、彼女に浮気がばれたくないからロックをかけている男性もいるとは思いますが、防犯という観点では同じです。

浮気はいろいろな意味で危なすぎるのでやめた方がいいですが。

2.データのバックアップはどうするか?

スマホの中にあるデータで大切なものは、人によるかもしれませんが、僕の場合は電話帳に登録されてある、電話番号とメールアドレスの連絡先のデータと写メで撮った写真データでした。

電話番号のバックアップ先はドコモなら先ほどもいいました、ドコモのケータイデータお預かりサービスにデータを保存しておくのが便利です。

ソフトバンクでもauでも似たようなサービスがあるはずなのでそれを利用するのがいいと思う。

定期的にバックアップしておかないと最後にバックアップしたデータ以降の連絡先は残らないのでまめにバックアップデータを更新することをおすすめします。

microSDはスマホやケータイを失くした場合には一緒に無くなる上に、他人に簡単にデータを盗まれてしまうのでおすすめしません。

あとはエヴァノート等、パスワードを入れないとみられない場所に保管しておくのもいいかもしれません。

画像もmicroSDだと盗まれてしまうので、ドロップボックスなんかに保存がいいかもしれませんね。

毎日持ち歩くスマホの中には大事なデータはなるべく入れていない方がいいと思います。

まだ家の中のパソコンやハードディスクの方が安全だと思います。

3.SNS等はちゃんとIDとパスワードを忘れないように管理し、端末が変わってもログイン出来るようにしておく。

端末が変わると、今までログインしっぱなしだったLINEやフェイスブックの再ログインが必要になる。

パスワードを忘れた場合、登録したメールアドレスがわかればパスワードは再発行出来ることが多いけど、登録メールアドレスがわからなければそれすら出来なくなってしまう。

自分は過去にmixiの登録メールアドレスがすでに使用不可になってしまっていて、パスワードの再発行が出来ずに、永久にログイン出来ないまま放置になっているアカウントがある。

こうならない為にも、登録してあるメールアドレスの管理は重要だ。

 

財布を無くした場合

1.財布の中に入っているものを正確に把握しておく。

財布の中に、お金以外にもクレジットカードや運転免許証等、大事なものが入っている方も多いんじゃないでしょうか。

クレジットカード1枚と免許証くらいなら把握はしやすいですが、クレジットカードが2~3枚入っている方も多いと思います。

何がどれだけ入っているかを正確に把握しておくことはかなり重要です。

2.運転免許証やクレジットカードは悪用出来るので、万が一の時に連絡する連絡先を確認しておく。

運転免許証やクレジットカードは悪用されないように、無くしたらまず連絡をして悪用されないようにすることが一番大事です。

各クレジットカードや運転免許証の機能を停止する為にはどこに連絡を入れたらいいのかをあらかじめ把握しておくようにしたいです。

失くしてから確認して連絡ではタイムラグが大きくなるので被害にあう可能性が高くなります。

被害を最小限に食い止めるにはあらかじめ準備は必要です。

3.もし悪用されたとしても、泣き寝入りでお金を払わないようにしましょう。

クレジットカードには悪用されたときの被害の為の保険がついていることが多いです。

もしかしたら持っているクレジットカードによって違うかもしれませんので、自分の持っているクレジットカードのことは少し勉強しておいた方がいいかもしれません。

クレジットカードではなくても、ワンクリック詐欺等の脅し文句にひっかかり、お金を振り込んでしまう人もいるみたいですが、まっとうな請求以外のお金は絶対に振り込んだり払ったりしてはいけません。

なお気になっている女の子に大金を貢いでしまうのは個人の自由です。

あと余談になりますが、コンドームを財布の中に入れている男性がたまにいますが、やぶけたりする可能性があるのでやめましょう。

 

今日はスマホを落としてしまうという自分の失態をかなり悔いいたので、今後の自分の管理への言及の為にも、スマホや財布等、身に着けている大事なものの管理について記事にしました。

本来は失くして困るものは持ち歩かないというのが最大の防犯になるのかもしれません。

ですが今の自分にはスマホもクレジットカードもなくてはならない生活必需品なので、しっかりと出来る限りの防犯対策をしていきたいと思います。

 

以上になります。

 

筆者が読んでいるクレジットカードについて勉強になるブログはこちらです。


クレジットカードの読みもの

 

筆者が読んでいるスマホを持たないで生活しているカリスマミニマリストさんのブログはこちらです。


はぴらき合理化幻想

 

スマホを落とすきっかけになってしまった、当ブログのロードバイクの関連記事。

 

ロードバイク買いました。 - ichimakaの日記