読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

広告

とにかくブログを100記事まで継続する為の、5つの具体的な考え方。

今から実家から東京に戻るのですが、その時間が暇だから記事連投するかもです。
疲れてしないかもですが。
大晦日の31日は実家に戻る移動時間に6記事連投したので、調子が良ければ連投しますが、明らかに疲れがたまってる感じもあるので、そこまでのりのりでは更新出来なさそう。
昨日になりますが、元旦で今年1記事目ということで、ブログ頑張るぞ的なことを書きましたが、ちょっと言い過ぎたかなと思っています。
ぼちぼちマイペースでといったくらいですが、ブログに関してはそれでも気合い入れすぎ。
やろうと思ってやるもんじゃないとすら思ってます。
やろうと思ってやる、やらなきゃいけないからやるのは、生活費を稼いでいる仕事で十分で、それ以上何かをやろうと気合いを入れてやったり、やらなきゃいけないと自分に言い聞かせてやりたくないです。
そう、ブログはやりたくてしょうがないから、とめられてもうずうずしちゃって、何とか時間をつくって、暇なんかないときでも何とか更新したくてしょうがないわ。
っていう感じでやりたいのですね。
そのためには、楽しいというのがだいぜんていで、その気持ちを持続するには、楽しくなかったり、更新が辛かったり、時間的に無理なときはやらなくていいし、きついんだったらやめてもいいという状態であることが必要だと思うんですよ。
だからこれが完全に定着するまでは余計なこと考えずに、どうやったらこの楽しい状態が続くかだけにフォーカスした方がいいのかなと。
まーでも2か月間で100記事以上書いて、楽しいという気持ちが続いてるので、自分の考えを記事にすることはそんなに苦じゃないのかなとは思ってます。
今のところ順調のブログを書くことを楽しめてるのですが、はじめっからそうだったのかと言えばそうではありません。
なぜなら僕はこのブログがはじめてのブログではなく、今まで何度か挑戦はしてみたものの、100記事に到達せずにやめたブログがいくつかあります。
それが続けられなかった理由を、僕なりに思ったことを書いてみます。
タイトルは今のところこの記事で147記事目なので、100記事継続という目線でなら、少しくらい語ってもいいのかなと思い、このタイトルに決めました。
いろいろと理由はあると思うのですが、思いついた順に並べていきます。

1.有益な情報を書かなければいけないと思い、記事を書くことに苦労しすぎた。

これは結構あると思います。
もちろん楽しんで有益な情報を記事にして更新することが出来ればいいのですが、ブログを楽しんで書くことの方が重要です。
そうじゃないと続かないからです。
楽しんで記事を書くという大事な部分もクリアしていないときに、有益な情報という、高いハードルを設けると、更新自体が大変になって、楽しんでやるという余裕はなくなってしまいかねません。
有益な情報を自分なりに楽しく記事にして更新するというのがはじめから出来る人なら問題ないですが、そうでなければ、有益な情報じゃなくてもいいから、楽しく記事を更新するということにした方がいいです。
どんなに壮大な目標を立てても、継続して出来なければ僕にはあまり意味がありません。
あまり記事数がないブログを量産して、お金を儲けようとしてるとかならありえるのかもしれませんが、何か大変そう。
どうせ大変な思いをしてお金を稼ぐなら、もっと確実な方法が他にあると思う。

2.記事の更新以外に拘りすぎていた点が多すぎた。

ブログ更新をワードプレスでも挑戦したことがあるのですが、デザインやらプラグインやらですごい時間を使った。
もともと仕事なんかでその辺が難なく出来るならそれでもいいと思いますが、ある程度知識がないと、いろいろ調べたりとそれだけで結構大変になると思う。
ブログを続けるだけでも大変かもしれない状態であるなら、他の負担は極力ない状態でやった方がいいです。
デザインなんて、記事書きすぎて、息抜きにちょっと他のことがしたくなったときにでもやりたきゃやりゃいいじゃんくらいに考えてます。
なのでこのブログはほとんど何もいじっていません。
これに関しては見た目がいいほうがリピーターもつきやすいみたいな意見もありそうですが、ブログのデザインいいからってリピートしようとなるものですかね?
もちろんかっこいいなーとか、みやすいなーっていうような、プラスの感情はあると思いますが、好みもあると思うので、読む人の好みにあってなければ、何かブログぼデザインが嫌だなっていうマイナスの感情にもなる可能性だってあると思います。
そういう意味では、デザインはあまり好みに左右されるようなデザインでなく、無難なシンプルなデザインの方が重要いいと思います。
まー拘りたい方は拘ってもいいと思います。
それくらいのものなんじゃないかなと思うのです。

3.正直、ブログをやっている動機がお金を儲けたいというのしかなかった。

お金を儲ける為にやってももちろんいいと思うのですけど、それだけだと継続するのはきついんじゃないかな。
お金もあるけど、ブログ更新自体も楽しいとか、いろいろ勉強になるとか、何かないときついと思う。
僕は勉強になるという理由で、ブログを継続出来る自信はあまりないです。
だから僕の場合は楽しいっていうのが最重要です。

4.記事のクオリティーとか、文章の公正だとかに拘りすぎて、1記事あたりに時間を使いすぎていた。

記事を描くのに時間をかけてはいけないということではもちろんないです。
逆にボリュームのあるまとめなんかは、調べたり、まとめる時間と記事にする時間でかなり時間がかかる場合もあると思います。
でも更新することのハードルを下げるには、15分くらいでちょっとしたすきま時間で更新出来るようなスタイルの記事も書けるようにしておくと、継続して更新するということはかなり楽になります。
別に15分でなくても、30分でも1時間でもいいのですが、自分でそんなに負担かからずに、自分のなかではある程度納得も出来るし、楽しくやれるなっていう記事スタイルがあればいいのではないでしょうか。

5.コミュニケーションが上手くとれずに、ブログが完全に一人の作業になってしまった。

ブログを通じてコミュニケーションがとれると、お互いに記事を読みあったり、コメントしてみたりで、ブログを更新するのが一人でやっている気分よりもかなり楽しく感じることが出来ます。
特にページビューが少ないときには、記事を更新しても、誰も読んでくれていないんじゃないかというような状況だったりします。
ブログをはじめたころというのは、たまにはじめてすぐに多くのアクセスを集めるブログもありますが、多くのブログは少ないアクセスの上体がしばらく続きます。
今は有名ブログになって、多くのアクセスを得ているブログでも、はじめの1か月はページビューが1桁だったなんていうことを報告している記事をいくつかみたことがあります。
そんなときに、読んでくれた方がコメントをくれたり、はてなブログならスターをつけてくれやすいので、確実に読んでくれている方の存在を確認出来て、モチベーションになります。
こちらから読んだ記事にスターをつけると、自分の記事にスターをつけかえしてもらいやすくなります。
僕も、自分の記事にスターをつけてくださった方のブログをみにいくことが多いですし、記事を読みます。
これは自分のブログにどういう人がスターをつけてくれたり、読者登録をしてくれるのかという興味もありますし、単純にコミュニケーションとして楽しんでいる部分も大きいです。
ブログを書くには、ブログを読むことが勉強にもなりますし、書くのも読むのも楽しんじゃいましょう。

以上5点がすぐ出てきました。
推敲すればまだまだ出るかもしれませんが、ポンポン出てきた以上5点は僕がブログを楽しく更新するのに大切なことであり、考え方になっていると思います。

読んで下さった方の、こういうのもあるよとか自分はこういう考え方だというようなことがあれば、ブコメとかコメントで教えてくれると楽しいです。

また大事なポイント忘れてたなんて思い出したら記事に追加するかもしれません。

そんな感じです!