読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

広告

クリスマスムードってうすくなった?

雑記

もうクリスマスはおわって、いつまでクリスマスのこと話してるんだと言うことですが、最近はクリスマスムードというのが薄くなってきているよなーと思った。
少し前までは、12月になると街全体がなんだかクリスマスムードで、クリスマスイブとクリスマス当日はもう至るところでクリスマスソングが流れ、コンビニの店員さんとかスーパーのおねえさんとか、電機屋さんも女性の店員さんはサンタさんの帽子をかぶっていた気がするんだけど、今年は1回もみなかったよ。
そういうことしてたお店もあるんだろうけど、全体的にはそういうのが減ってきているんじゃないかと思った。
僕が学生だった頃はまだみんなパソコンを個人で持っている人も少なくて、誰かと集まって何かをするというとき以外は家でテレビをみるという選択が多かったと思うんだけど、今はインターネットで一人でどこにいても誰かとパソコンやスマホを使って繋がっていることが出来るから、何かイベントのときは日本中で団結してわっしょいやろうぜっていう気持ちが薄くなってきているのかもしれないね。
クリスマスって家族で過ごせる人とか、恋人がいるひとにとっては楽しいけれど、一人暮らしで恋人のいないひとにとっては少しさみしい感じいなりがちだからみんなに公平に優しくなったのかもしれない。
僕もここ数年彼女がいないから、少しさみしいときもあったんだけど、今年は何にも感じなかった。
慣れちゃったってのもあるかもしれないけれど。
一人でさみしいクリスマスでもそれをネタにして楽しめるパワーがあればいいんだけど、みんながそんなに強くはないし。
でもクリスマスの雰囲気って賑やかで楽しげなものだからもうちょっと感じていたかったのか、今日は駅まで行く途中で気づいたら「真っ赤なお鼻の~♪」って鼻歌歌ってたよ。
たぶん誰にも聴かれてないからよかった。
クリスマスはおわってるのに遅い話題はこのへんにしときます。
そんな感じです!