広告

負担になる期待ってある。

ブログって不思議なもので、続けてるといつの間にか勝手に、読んでくれている人から、何かしら期待をされていると思ってしまうことがあるんじゃないかな。
例えば、いつも5000文字とか書いて、そこそこリピートで読みにきてくれるブログだと、次の記事も文字量たっぷりの記事を更新しないといけないみたいに書いてる人が勝手に期待を読み取っちゃて、更新のハードルが上がっちゃうってことはあると思う。
それは、有益な情報をよく記事にしている人にも言えるし、いつも穏やかな感じで記事を更新してる人は、ちょっと愚痴を言っただけで、どうしたの?ってなるかもしれない。
知らない間に、いつの間にか、自由に楽しんでやっていたブログが、自分のやっていることによって、自由ではなくなっていて、窮屈なものになっていることもあると思う。
ブログだから、自分の生活時間のほんの一部だから、まーそうやって制限がついてもストレスなくやっていくことは出来るとは思うけど、これはブログだけの話しじゃない気もするね。
みんな何かしら生活していると、その行動から、何かしら周囲から期待されて生きていると思う。
でも人間なんて、一人の人がいろいろな感情を持っているもので、そんな簡単なものじゃない。
親からの期待で、苦しんでる人もいるだろうし、警察官や学校の先生って職業の人は、全ての気持ちと行動がお手本となるものじゃないといけないような期待をかけられる。
実際は人間完璧な人なんていない。
政治家や警察官や教師が悪いことをしたら目立つのは、立場というものの期待が大きいと思う。
最近はむしろそういう職業の人の方が悪いことをしているかのような感じさえする、風潮のようにも思えるけど、そうじゃなくて目立つだけだよね。
誰でも悪いことをすれば裁かれるのは変わりない。
僕は、人に迷惑のかかることは出来るだけしないようにしようと思っている部分はそれなりにまともな考えをしようとしているのかなと自分で思うけど、そんなたいしたことじゃなければお互い迷惑なこともあるけど、ささえあって生きているのが人間だと思うし、悪いことじゃなければ、周囲のきたいを少し裏切って、本当の自分の気持ちややりたいことを出してもいいんじゃないかと思う。
自分の中にある嘘ではない気持ちや、やりたいことを大切にしてあげようじゃないか。
ブログの話しからだいぶ脱線しましたが、ブログはどこまでも自由なんだよって話しでした。
そんな感じです!