広告

ブログは有益な情報を書かなくてもいい。

いろいろな人のブログを読んでいると、たまにまだブログをはじめて1週間とか1が月とか、いわゆる僕と同じブログはじめてまだ間もない人の記事も読むことがある。
あーこの人も最近ブログをはじめたんだーっと勝手に一方的な仲間意識を持って記事を読んでいたりする。
ブログをはじめた理由はひとそれぞれで、お金を稼ぎたいというのもあるし、文章を書いて読んでもらいたいというのもあると思う。
僕みたいに暇な時間が多すぎるから何かはじめようという理由ではじめている人だって僕だけじゃないはずだ。
で、そんないろんな理由でブログを最近はじめた人の記事を読んでみると、たまに出てくるのが、書くネタがないとか、ブログって有用な情報を欠かないといけないのか?
というような疑問をみかける。
これは、人気ブログとしてよく見かける記事が、ライフハック的なものや、読んで為になった本の紹介、または専門性の高い分野の詳しい情報だったりと、何かと役にたつようなことが書かれているブログが多いからそう思ってしまうところもある。
また、ブロガーとして有名な方達が、ブログでマネタイズするには有益な情報を記事にしなければ難しいということを記事にしている為、ブログを書くなら有益な情報を書かなければいけないという構図が出来上がってしまいがちな部分がある。
ただよくみてほしい。
「有益な情報を記事にしなければ、ブログでマネタイズするのは難しい。」
ということは、マネタイズしなければ有益な情報を書く必要はないし、難しいだけで絶対に出来ないとは誰も言っていないはずだ。
ということは、ブログでマネタイズしたいと思ってはじめた人は、目的を果たすには、有益な情報を記事にするのが、セオリーだと言えるかもしれない。
有益な情報を何の苦労もせず、むしろやってて楽しいなら、ブログでマネタイズ出来る可能性は高いんじゃないかと思う。
でももし、有益な情報を書くのにかなりの労力を使い、やってても大変なだけで、何も楽しくないとすれば、それをやる価値はあるのだろうか?
そこまでお金が必要ならもっと手っ取り早い方法はあると思うし、生活の為のお金は本業でしっかりしてて、プラスでお金がほしいという場合でも、バイトでも掛け持ちした方がはやいし、楽しくもないブログで試行錯誤してやるよりは、楽しいバイトはありそうだよ。
僕だって楽しくブログをやってて、それでお金ももらえるんならうれしいけど、お金をもらうために無理して書きたくもない記事を書いてやるなら、お金いらないから楽しくブログをやってたい。
お金をもらうために、そこそこ大変だけど仕事をしてて、それでなおかつ、お金をもらうために楽しくもないブログを無理して更新するほどはお金ほしくない。
それでもお金がほしいって人は、すごいね。
いっぱいいるだろうけど。
疲れきっている僕にはとてもじゃないけどマネ出来ないな。
ちょっと話しがずれちゃったけど、ブログは別に有益な情報を記事にしなくてもいいってこと。
むしろブログを楽しむなら、固定資産税概念はないほうがたのしいんじゃないかな。
楽しむ為には手段を選ばない。
ただ読んでくれる人がどういう気持ちになるかはちょっと考えた方がいいと思うけど。
誰でも簡単に始められるブログ。
その気軽さがいいところでもあるのだから、はじめる動機も自由、やり方も自由、楽しみ方も自由でいいのではないでしょうか?
そんな感じです。