広告

会社で頑張る理由。

昨日は休みにもかかわらず、職場の先輩から連絡があった。
まずは電話の着信があったのだが、僕は気づかず、lineも少し経ってから気づいた。
どうかしたのかとすぐに折り返す。
先輩は僕が今の仕事をはじめてからしばらくして知り合った10年来の付き合いの、信頼の置ける先輩だ。
電話の内容は、12月は商戦だから頼むな。
ということだった。
いや、もっと直訳すると最近たるんでっから気合い入れろや!
ということだ。
あーはい、わかりました。
と僕は、自分でもわかったのかわかってないのかわからない返事をするなと思いとりあえずやるだけやりますよ。
と先輩に伝え、電話をきった。
先輩はごりごりの体育会系だ。
僕の勤めている会社自体も親会社はそこそこ大きい会社なのに、体育会系である。
その会社で10年勤めている僕も、仕事のやり方は体育会系なのかもしれない。
僕は今までなら、今回の先輩の電話で火がつき、12月は気合い入れていくぞとなっていたが、今回は正直気乗りしない。
僕はこの夏に、仕事の持ち場が代わり、ういわゆる国内だと一番売り上げの大きい持ち場になっている。
以前にも書いたが、取り引き先も、力が強く、こちらが無理を通すと出入り禁止になることも少なくない。
そこで僕は、人員減で今までにない少ない人数で、売り上げをキープしている。
だからこれ以上は無理だ。
とは思ってはいない。
ただ少し大変ではある。
本来これ以上やることはない、だけど僕はやってやろうと思っている。
それは本当にお世話になっている人の頼みだから。
僕はその先輩がいなければとっくに今の仕事をしていないだろう。
それほど深く関わり、助けてもらった過去もある。
だから僕は12月はやると決めました。
苦労とか努力って言っているのなら、それは才能がないということだと思うよっていう記事をみたから言っておくけど、僕は今の仕事をするのに、まったく苦労とか努力を感じない。
と言ったら嘘になる。
仕事をこなすのは簡単だけど、それは進んで、楽しいからやっているというわけではない。
生活の為にやっている。
だけど今回の話しはね、例えるなら、1日10記事書いて、十分生活が出来ているプロブロガーに、あんたの収入は変わらないけど、とりあえず1ヶ月間は1日20記事づつ書いてほしいということをお願いされているようなものに感じる。
プロブロガーの場合、個人でやっている方が多いと思うからそんなことはないかもしれないけど、会社とはそういうものなのかもしれない。
だけど僕は会社をやめようとは思わない。
今のところ僕はどの仕事をしたってたいして変わらず、同じ悩みはありそうだから。
そんな感じです。