読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

広告

やばそうなやつは大体雰囲気ですぐわかる。

今、僕は時系列でブログを書いているから、まずはさっきのエントリーをみてほしい。

もっと面白くなりたい。 - itimakaの日記

おなかがすいたから、僕はご飯を食べさせてくれるところをさがしに旅に出た。

引っ越したばかりで、周辺の食べ物屋さんの散策もまだしていないから、家から出て、まだ行っていない方向に行ってみようと思って、少し歩いてみた。

しかし、僕は自分でもびっくりするくらいのビビりでへたれだ。

暗がりの中、知らない方向に向かって歩くのがすぐにこわくなり、行ったことのある【つけそば  周】に向かった。

ここまで、ブログで【つけそば  周】のことを言っているのだから、僕はもっと【つけそば  周】について知らなければならない。

今日は残念だけど、営業時間外だったみたいで、おいしいつけそばを食べることは出来なかった。

近々行くだろうから、そのときは、まず何故つけめんではなくつけそばなのかを聞いてみたい。

やさしそうな女将はどう答えるだろう。

【つけそば  周】については今日はこれくらいにしておいて、話しを進めたいと思う。

しつこいようですが【つけそば  周】は本当においしいので、板橋に来た際には、是非食べてみてほしい。

話しを進めます。

おいしいつけそばを食べれなかったのが残念ですが、おなかは減っているので、何か食べないといけない。

何か食べないと寝れそうにないし。

とちょっとうろうろ、こわくないように出来るだけ明るい方に向かってうろうろしていると、カレーの名店【カレーハウスCoCo壱番屋】があった。

たぶんまだ記事に書いてはいないと思うけど、僕はカレーが大好きだ。

一番好きな食べ物と言ってもいいくらいに好きだ。

とくに【カレーハウスCoCo壱番屋】はよく行く。


ココイチのメニュー|カレーハウスCoCo壱番屋

僕は迷わず入り、手仕込みメンチカツカレーにチーズをトッピングした。

出てくるまで待ってる間は、さっきの記事のすべり具合は大丈夫だっただろうかとかそんなことを考えていた。

カレーが出てくると、迷いを吹き飛ばすかのように、いっきに平らげた。

やっぱりカレーはおいしい。

食べおわったあと、またさっきのネタのすべり具合について考えていると、一組のカップルが入ってきたのが、スマホを凝視しながらでも視界に入ってきてわかった。

カップルは僕の座っている席の右のあいている席にきた。

座りかけのカップルの会話というか雰囲気から、なにかやばい感じがした。

なんとなく男がおおざっぱというか、周りに気がいっていないというか。

僕の予感は的中した。

カップルの女から強烈な香水の匂いが、アレルギー性鼻炎で人よりも匂いに鈍感な僕の鼻をも破壊しようとしている。

僕は食べおわっていたこともあり、しずかに席を立ち、お会計をして店を出た。

カレー屋はまだいい、あそこがラーメン屋だったとしたら。

もしも僕が、まだカレーを食べおわっていなかったとしたら。

そのときは僕は、いやそのときも僕は、なんとか我慢をしてカレーを食べ、席を立ち、お会計をして、しずかに店を出ただろう。

そう、僕はとんでもないへたれでビビりなのである。

でも自分も気をつけないといけないと思った。

もしも自分の彼女が、あんな強烈な香水をつけてきたら、デートのときはそれなりにご飯を食べに行くのだから、そのへんは配慮しようよと言いたい。

そして、僕にも何か問題があるなら、そこを注意してほしい。

そうやって、お互いに成長していける関係でいたいと思う。

 

 

僕は今、彼女はいない。

 

 

fin.