広告

ブログ記事の善悪について考えてみたの続き。

さっきこんな記事を書いたんですが、公開してよかったのかどうか、いまだによく考えがまとまってません。

ブログ記事の善悪について考えてみた。 - itimakaの日記
こんな考えを、僕の頭のどこか片隅に持っていることは、確かなのですが、僕はそこまで自分を律して、すべてにやさしくなれるほど、強くはないし、貫けないやさしさはほんとうのやさしさではないということも頭でわかっています。
何より、さっきの記事は、ブログをたのしんでいるすべての方に疑問を投げかけるような行為じゃないですか。
ああいうことこそ、公開せずに、下書きをクリックすべきなのかもと今さら思ったり。
でも、こういうことを最近ずっと思ってるということを少しされけだしたかったのだと思います。
僕のそういう善悪レベルはたぶん一般並みで、特にいい人でも悪い人でもないんだろうなーと思う。
ちょっとよく見せたいと思うから、さっきみたいな記事を公開したり、この記事も書いているんだろうなと思う。
そういう意味では、偽善が入っていて、なんだか自分でもたちがわるく感じてしまう。
自意識過剰なだけで、それも普通のことなのかもしれないけれど。

さっきね、免許更新して、駅から家までの間、ちょっと強い風が吹いてたんだ。
傘が風にあおられ、骨組みが逆さまになり、傘が壊れちゃった。
その傘もう修復不可能だったから、捨てるんだけど、一瞬ね、本屋さんの傘立てにそのまま置いて行こうかと思った自分がはずかしい。
本屋さんが迷惑だよね。
ちゃんとマンションのゴミ捨て場のルールに従って捨てました。
でもそんなことを一瞬思ってしまうことがあるほど、ダメな自分がいるのが本当で、もういい大人なんだから、周りにみられてはずかしくない行動をとりたいなと思う。

まー現状、そんな未熟者なのが実際の僕です。
さっきの記事とこの記事はもしかしたら下書きに戻すかもしれません。
あんまりいろんな人に公開してみせるようなもんじゃない気もするし。
問題なさそうならこのまま公開してるかもしれないですけど、ちょっとすっきりしない記事になっちゃいましたかね。
みなさんが読んでくれてスターつけてくれてるんで削除はしないです。

うーん、ほんとうにいい人が悪ぶっているのは、やさしさを貫く難しさをしっているからなんだろうなー。

さっき松の屋で食べた、チキンカツとカキフライ定食です。
f:id:itimaka:20141126165659j:plain

凡人はいくら頑張っても凡人で、いい人ぶってもしょうがないんので、次から普通のたのしいブログ更新を目指します。

それだけ!