読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

広告

髪をショートにした女性にはロングのときもいいと言いながらショートもいいと言うべき話しみたいな話し。

仕事ってね、からだ的にも頑張って、いつも集中して、やらないと、もしそうじゃなくて結果が出たとしても、それは自分がやったんじゃないから、いなくてもよかったってことになる。
だからきついけど目一杯頑張って、結果を出さなければならない。
と思ってた。
でもね、からだ的にとか、気持ちも面で目一杯かどうかじゃなく、結果がすべてのなんだよ。
ってこともわかってた。
だからこそ、結果出すために頑張った。
仕事きついけど楽しいよねーと頑張った仲間と気持ちを盛り上げあいながら。
で、あのときは間違っていたということをつらつら書こうと思っていたんだけど、今電車の中で書きながら考えていたら、やっぱり間違ってなんかいねー!
って強く思ったよ。
泥臭くて、下手くそなやり方かもしれないけど、あの頃のやり方はそれはそれで、いいものだし、今は状況的にあってないだけで、今と違うからって過去を否定することはない。
それは過去の自分はまだしも、過去の仲間を否定することになるから。
あのときはあのときでよかったなー。
今は今でいいよねー。
それでいいと思う。
そんな感じです。