読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

広告

一般的な常識やセオリーは必ず1回疑った方がいい。

今日はなんだか仕事中も身が入らず、少し疲れがたまってしまっているなといった感じでした。

疲れたら休むという簡単な改善方法があるので、帰宅後、ヨルタモリでもみて、リラックスして寝ようと思っていたのですが、なんかブログ書きたい、でも頭が疲れてなんか文章が浮かんでこないよーという感じだったので、過去記事でも読んで、無数にあるだろう誤字脱字でも直していこうと思ったのですが、5記事くらい見直してあきてしまいました。

こんな日はゆっくりお風呂に入ってリラックスして寝るに限るね。

ということをもう書き出している始末。

上手く休むというのが前々から苦手ですが、最近はこれでも上手くなってきた方です。

普通っていうのは人それぞれ違って、みんなに共通の普通って難しいと思うのですが、自分にとっての普通ってすごく大事で、通常運転が出来ているって素晴らしいと思うんですよね。

毎日自分なりの普通を出すってことも実はすごく難しくて、それだけでやったとガッツポーズをしてもいいと思います。

そしてその普通の中で、ちょっとしたことに感動したり、楽しいなって思えるのが、安定している状態なのかなと。

これだけネットでいろいろな情報が手に入るから、何かはじめようとか、何かするときに、他の人の基準を参考にするのは簡単です。

他の人がやったら上手く行った方法を得ることも簡単。

他の人が考えたセオリーだって、親切にネットに公開してくれているから、参考に出来ちゃいますよね。

でもそれが一番の落とし穴でもあって、全部他の人だったらそうだったというだけだから。

その方法やセオリーが自分にもあてはまるとは限らない。

他の人は、間違った方法でもたまたま上手くいっただけかもしれないしね。

何か情報を得たときは、何でそうなるのか?

本当にそうなのか?

自分にも当てはまることなのか?

くらいは自分で一回考えた方がいいです。

そうしないと、自分にとってはとんちんかんなことに振り回されることになってしまうから。

僕にとっての、疲れたときの一番いい疲れのとりかたは、とりあえず寝る!

です。

そんな感じです。

 

関連記事

バランスと休む勇気も大事なんじゃないかな。 - itimakaの日記

やらなきゃいけないことにしない。 - itimakaの日記

 

自分で考えるのが大事だって話し。 - itimakaの日記