広告

見知らぬ女性宛の郵便物が届く。

今日は朝から、区役所に行って住民登録をして、郵便局に行って、郵便物の転送届けを出したりして、さらには免許更新センターに行って、運転免許書の更新をしに行こうと思っていましたが、免許更新センターは14時までらしく、次の休みに行くことにしました。
郵便物が届き出すから、メールボックスの中にいっぱい入っている、チラシ等を掃除しようと思い、メールボックスを開けると、見知らぬ女性宛の郵便物が1つとガス料金の支払い書が入っている。
新築と聞いていたのにまさか騙されたと思い、管理会社に電話。
はじめは話の核心を言わずに、本当に新築かどうか確認してもらうと、新築のはずですが何かありましたか?
とのこと、手元のチラシに紛れ込んでいた、見知らぬ女性宛のガス料金の支払い用紙に目をやると、よくみると部屋番号の下2桁目が僕の部屋の部屋番号と違う。
どうやら、郵便屋さんが間違ってメールボックスに入れているだけのようだ。
管理会社の担当者はそのまま相手のメールボックスに入れてくれたらいいということだったので、そうします。
ということで電話をきった。
指示通りに相手の部屋番号のメールボックスに荷物を入れようとしたら、入らない。
入り口よりもだいぶ大きいのだ。
何とか入らないかとメールボックスをさわってると相手のメールボックスが鍵がかかってなくて開いた。
そして少し中が見えた。
無事か確認したいので連絡くださいというような内容の手紙が入っていた。
管理会社にそのことを伝えると、こっちには何も連絡がないし大丈夫だと思う。
とのこと。
メールボックスに荷物が入らないことを伝えると、管理会社用のメールボックスに入れておいてくれたら、後日本人に渡します、とのことで管理会社用のメールボックスの鍵の解除ナンバーを教えてくれた。(実際は鍵がかかってないから荷物を入れてるのですが、何か気持ち悪いでしょうからと、管理会社の担当者の提案で、そういうことになった。別にそれに関してはそんなに気持ち悪くないけど、あえてスルー。)
たぶん何もないけど、ちょっとなんかびびったよって話し。
それだけー!