読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

広告

ブログで大切なのはSEOではなく読者です。

ブログ論的な話でね、よく文字数が大事だとか、記事数が大事だとか、更新頻度が大事だとか、よく語られるけど、そういう話しの大部分がSEO的な話しも混ざっててね。SEOが上手くいくと検索エンジン経由でアクセスは上がるんだろうけど、検索経由でいくら記事が読まれたって読んでくれた人が、何にも発見もなく、感動もなく、何も与えられなかったら、もう見に来てはくれないわけで、それじゃあブログを書いてる側としては何かつまんなと思っちゃうよね。
検索からまた見に来てくれる人はくるだろうけど、また何も与えれずに行ってしまう、その繰り返し。
SEOにだけ強いブログってそんな感じになってしまいそう。
本当に大事なのは読んでくれる人がどう感じてくれるかだと思う。
文字数も記事数も更新頻度も、もちろん読んでくれる方に満足してもらえる要素になりうるけれど、それをすべて満たしててももうきてもらえないかもしれないし、すべて満たしていなくてもまたきてもらえるかもしれない。
これはお金と幸せの話しに近い話かもしれない。
まーすべての人に嫌われないブログというのはすべての人に好かれないブログかもしれないし、結局書く人が自由に書けばいいんだと思う。
もともとやらなくてもいいものなんだから、自由でいいと思うんだよね。
やったことが結果になるんだから、結果に対しては自分のやったこととして真摯に受けとめないといけないと思いますが。
書き手も人間だから、炎上してしまったり、読んでくれる人から失望されるようなこともあるかもしれないけど、誠心誠意やった結果がよくない方向にいってしまった場合には、また誠心誠意対応していくしかないよね。
ブログは楽しむものだからね。
そんな感じです。