読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

広告

記事の更新頻度と内容等で違ってくるツイッターの使い方の違い。

ブログ関連

ブログをやっている人でアクセスを稼ぎたい人はツイッターをやっていることが多いです。

ブログ記事の更新をツイッターでつぶやき、フォロアーさんに読んでもらえ、さらにはおもしろいとおもってもらえれば拡散してくれる可能性もあるからです。

なので基本的にはツイッター自体は更新通知としての役割になっている場合が多いです。

そこにブログとは関係ないおもったことやおもしろい出来事などをつぶやいている方もいますが、ブロガーならそういうことはブログに書きたくなるものです。

なので更新頻度の高いブロガーさんほど、ツイッターの方はブログの更新情報化しやすいと思います。

逆に更新頻度はあまり高くないブロガーさんほど、ツイッターで接客的につぶやき、フォロアーさんと交流し、そこでブログのネタを集め、精錬させネタを完成させていく方もいらっしゃるのではないでしょうか。

どっちがどうということはないです。

ブログもツイッターもやり方は自由で、むしろやらなくてもいいことですから。

あっ上記にあてはまらないブログもめちゃくちゃ書くし、積極的につぶやくし、というすごい人もたくさんいるかもしれません。

ぼくは最近ツイッターをはじめまして、どういうスタイルにしようかとまだかたまっていないのですが、いっぱいブログを書きたいので、つぶやきは少なめですがブログに書くほどはボリュームが出せないけれど、はきだしたいネタもつぶやくかもしれません。

あといろんな人のブログも読んでますので、読んでおもしろいとおもったブログの情報もつぶやくとおもいます。

ツイッターの使い方を自分の中でも整理出来てませんが、書くことで整理されることもあるとおもい記事にしてみました。