読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

広告

人見知りし過ぎるのも困ると思うけどいつでも誰かれ構わず元気よく話しかける人も困る。

雑記

こういう記事があって思うことがあったので書きます。

人見知りじゃない人ってどういう思考回路してるんだろう? - ロスマンの日記

 

僕は人見知りか人見知りじゃないかというと微妙なラインだと思うのですが、知り合いや顔見知りが傍を通っても、気づかないふりをすることはあります。

自分から明るく話しかけることは少ないかもしれません。

えっ!それを人見知りっていうんですって!

立派な人見知りかもしれません。

でも話しかけない理由は自分の中に明確にあります。

それは相手が今、自分と話しをしたいかどうかはわからないからです。

僕は仕事柄、多くの常連さんにあいます。

相手は常連さんのつもりではないかもしれないのですが、僕はよく見かけるので常連さんだと思って接している場合もあります。

常連さんがきたと思っても自分から話しかけることはあまりありません。

それも今日も僕と話したいかどうかはわからないから。

今日は話しかけられたくなく、ゆっくり商品をみたいのかもしれない。

相手から話しかけられたら話します。

相手が僕のことをおぼえていた感じなら、それがうれしいというのを少し態度に出して話しはじめます。

相手から店員さん僕のことおぼえてないの?と聞かれたら、もちろんおぼえてますよと少し笑みを含んで返します。

これくらいがお互いにとって楽なんじゃないかなよおもうのでそんな感じです。

自分が逆の立場でお客だったらこれくらいが有り難いなということをそのままやっているだけです。

人見知りすぎるのも困るとおもうけど、いつでも誰かれかまわず元気よく話しかけるのもどうかなぁと思う。