読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

広告

自分しか書かない文章って何だろう?

ブログをはじめて10日あまりが経ちました。

その間思うがままに書きつづっているのと同時に、いろいろな人のブログを読んだりもしてます。

割と何かを参考にしたり、調べたりして書いているわけではないので、僕個人の思いや考えになっているはずなんですが、いろいろとブログをみると、似たようなことを書いている人がたくさんいるのだなーと。

要するに、僕も世間一般の常識や考え方にある程度とらわれて生きているということで、普通のサラリーマンとして生活をしているのである意味しょうがないことかもしれません。

僕はブログに対して何かハードルをつけているわけではなく、あえて言うなら更新していて楽しいなと思うから、長く続けていけたらいいなーということくらいしかおもってません。

今は割と速いペースの更新になっていますが、それもきついと思いながらノルマ的にやるのは違うので、きついと思ったらペースもさがるかもしれませんし。

そもそもきついとならないようなスタイルでやりたい。

だからこうありたいとか、こうしたいというのは出来るだけ持ちたくないのだけれど、いろいろなブログを読んで1つだけ思っちゃったこと。

それは僕しか書いてないようなことを書きたい。

僕にしか書けないというのなら、自分の体験を書けばいいと思います。

でも自分体験でも似たような体験をしてる人はいっぱいいて、結局は誰かも書いているような文章になってしまうのかもしれない。

じゃあ誰も興味がなくて、誰もあえて書かないようなことを書けばいいのか。

それだと誰も読んでてたのしくないのかな。

書いてて楽しいことを書けばもともと誰も興味がなかったことでも一緒に楽しんでくれるひともいるかもしれない。

今1つブログにハードルをつけようとしたけれど、基本はただ楽しく書ければいいだけなので、もし出来ればいいなーくらいにしておこう。